中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の算数の勉強法は意外と単純な作業でできる

スポンサーリンク

算数の成績が良い子供は、頭の出来がもともと違うと思っていませんか?確かに地頭が良い子供もいますが、それ以上に算数では大事な勉強法があるのです。

算数が苦手だったという子供でも、この大事な勉強法を知ったことで劇的に偏差値を上げることに成功しています。決して難しいことではないのですが、意外とできていない子供も多いので着目してみて下さい。

算数の勉強の基本となること

算数は基本的に反復勉強をすることで、誰でも着実に偏差値を上げることができる教科です。ただ暗記する教科と違って、自分で考えて答えを導き出す必要があるので難しく感じるのです。

ですが算数のこの答えを導く作業は、反復の勉強、つまり復習をしっかりと行えば誰でも偏差値を上げることができます。

一般的に中学受験だけではなく受験勉強は時間との闘いになるので、復習をしっかりと行わない受験生が多いです。理解度が不十分でも、どんどん次の単元に進んでしまうのです。

算数で成績を上げるには、この次へ進む作業を我慢して復習にしっかりと時間を当てましょう。算数の復習は時間を使うので、どうしても逃げてしまう受験生が多いです。ですがこれを乗り越えれば、算数も決して難しくないと感じるようになるでしょう。

中学受験は時間との闘い

とはいえ限られた時間で結果を出すには、全てを完璧にしていては間に合いません。中学受験も受験日が決まっているので、それまでに少しでも偏差値を上げることが大事になります。

本来ならばしっかりと復習して完璧にすべきですが、残念ながら全てを完璧にできる受験生はほとんどいないでしょう。

ではどうすれば良いかというと、どこで諦めるかのタイミングを見つけることが大事になります。諦めるという言葉は良くありませんが、算数では時間をかけてもどうしても解けない問題があります。

大人になれば理解できることでも、子供の頃には難易度が高すぎるものもあるのです。そういった問題にいつまでも時間を使わないことも、中学受験のテクニックになります。

算数の復習は10回まで

基本的に人間は、何回も復習すればその問題を記憶できる能力があります。ほとんどの場合、10回も復習すれば見た瞬間に解けるようになるでしょう。算数だとこうした暗記勉強は否定されますが、決して悪いことではありません。

こうした地道な作業の繰り返しで、応用力も十分身につけることができます。解法のテクニックを増やすほど、初見でも解ける問題が多くなるのです。ですが復習に当てる時間は10回位にしておきましょう。

10回以上して覚えられなかったものは、一旦忘れて下さい。これ以上その問題に時間を使うと、大事な時間が足りなくなるからです。判断に迷うかもしれませんが、10回やってできない問題は苦手な科目として切り捨てましょう。

意外と時間が経つと解けるようになることもあるので、10回できなかったら諦めて次へ移ってください。こうした時間の使い方も、中学受験の偏差値を上げるための勉強テクニックになります。