中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験は家庭学習の効率化がポイントになる

スポンサーリンク

中学受験は、塾や家庭教師だけで合格できるほど簡単ではありません。

塾や家庭教師も重要ですが、それだけでは勉強時間が圧倒的に足りなくなります。

なかなか偏差値が上がらない子供は、この勉強のやり方に問題がある場合が多いです。

 

勉強で重要なことは、家庭学習をどのように進めるかになります。

なぜなら勉強時間が最も多く取れるのは、家にいる時になるからです。

家庭だけが唯一、時間を有効活用することができる中学受験に最適な環境になります。

 

ですが家庭学習は、ただ家で勉強すれば良いわけではありません。

中学受験では、家庭学習を効率的に行うことが偏差値を上げて合格する決め手になります。

成績が良い子供ほど、効率的に勉強を行って偏差値を上げているのです。

 

この家庭学習の効率化こそが、中学受験合格の大きな鍵となります。

塾や家庭教師でも、上手な家庭学習の方法は教えていない可能性が高いです。

上手な家庭学習の方法を知ることで、効率的に中学受験の勉強ができます。

 

家庭学習のポイント

家庭学習で重要なことは、覚えた知識を定着させることになります。

どんなに頭が良い子供でも、1回で全てを覚えることなどできません。

地道に何度も復習して、知識を定着させて次のステップへ進んでいるのです。

 

逆に偏差値が低い子供ほど、覚える前に次へ進もうとしている傾向があります。

確かに勉強にスピードは重要ですが、覚えていなければ意味がありません。

塾や家庭教師で習っても、復習しなければほとんどの子供は次の日には忘れます。

 

家庭学習のポイントは、この習った知識を定着させることにあるのです。

地味な作業で辛いですが、これができるようになると成績は確実に伸ばせます。

家庭学習は、覚えた知識を定着させることを最優先に勉強しましょう。

 

中学受験対策の家庭学習

基本的に家庭学習は、覚えた知識を定着させることになります。

ただしこれは、勉強したことを理解しているという前提ができているかで変わります。

仮に塾や家庭教師で習ったことが、全く理解できなければ復習してもわからないでしょう。

 

勉強が難しいのは、習ったことが一つ一つ結びついていることにあります。

算数の文章問題にしても、計算と公式の使い方など複数の要素ができて初めて正解できます。

もし計算が苦手だとしたら、公式だけ覚えても間違う可能性が高くなります。

 

家庭学習を効率化させるには、理解できていない部分を把握することが重要になります。

小学4年の内容を理解していないと、小学6年の問題は解けない可能性が高いのです。

特に中学受験は、基礎ができていないために成績が停滞することは良くあります。

 

家庭学習を効率化させるためには、基本から丁寧に復習することが最も近道です。

もちろん時間はある程度必要ですが、最終的には基礎ができることで応用問題も解ける実力が身に付きます。

家庭学習では、習ったことを復習しつつ理解できていない箇所の復習も一緒に行いましょう。

 

家庭学習で集中する方法

家庭学習は、塾や家庭教師と違い勉強を教えてくれる人はいません。

親が教えるのも一つの方法ですが、中学受験の問題が解けることが前提です。

ほとんどの家庭は、一人で自主的に家庭学習をしているのが一般的です。

 

その場合の問題点として、集中力が持続できないことがあります。

人間の集中力は、90分程度が限界なので徐々に落ちるのは仕方ありません。

問題は落ちた集中力でも、勉強の内容が身に付く勉強法ができるかになります。

 

この勉強法に関しては、最近ではオンライン学習を利用すると効果があると言われています。

一昔前だと家庭学習でできるオンライン学習は、退屈な問題演習を解くだけのものでした。

しかしオンライン学習は、有名講師が講義形式で授業をしていて評判がかなり良いものが多いです。

 

全国の有名講師の授業なので、集中力が落ちている時に聞いていると楽しいという子供も多いです。

お風呂などで勉強する家庭もあるようで、ちょっとした時間に勉強できる効率的な家庭学習の勉強法になっています。

小学校の基礎から、中学受験レベルの授業まで揃っているオンライン教材もあります。

 

こうした勉強法をすることで、家庭学習の効率を上げることができます。

中学受験は効率よい勉強法を行わないと、受験まで間に合わない可能性があります。

その中でも家庭学習は、最も長い勉強時間になるのでしっかりと行うことが合格に繋がります。