中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

親の言葉が中学受験の勉強のやる気のきっかけになる

スポンサーリンク

中学受験は、親の意気込みが大きく子供がついていけなくなるケースが多いです。

将来のためと言葉にしても、その言葉が全ての子供に響くわけではありません。

むしろ遊びたい時期に遊べないため、ストレスとなり勉強嫌いになることもあります。

 

中学受験の勉強でやる気を出すには、親の言葉がとても重要になります。

ただ勉強をさせるのではなく、きちんと子供にその意味を理解させることが重要です。

頭ごなしに勉強させるのではなく、子供が進んで勉強するサポートをしてあげましょう。

やる気を出すためのプロセス

中学受験の勉強は、子供がやる気を出さなければ意味がありません。

良い学習塾でも、勉強のやる気のない生徒の成績を上げることは簡単ではないのです。

子供のやる気を出させるには、親のサポートが最も有効な方法になります。

 

具体的には、叱る教育ではなく問いかける教育にするのが効果的です。

怒るのではなく、何故勉強したくないのかをしっかりと説明させるのです。

自分の気持ちを吐き出すと、スッキリして気持ちを切り替えることができます。

 

多くの親は、子供の教育法がわからず思い通りいかねいと怒ってしまいます。

しかし子供は否定的な態度を取られると、勉強のやる気を失ってしまいます。

きちんと親が子供の悩みを聞いて、勉強のやる気を引き出してあげましょう。

 

子供の勉強のやる気を引き出す方法として、子どもが「やる気」になる質問―叱る前に問いかけると、こんなに変わる!が参考になります。

中学受験を控えた子供を持つ親に、一読してほしい良書になります。

 

子供の教育に効果的な方法

普通の親は、どう育てれば一流の学校に行けるかなどわかりません。

東大に合格している家庭でも、決まったマニュアルなどなく子供が自発的に勉強しているケースがほとんどです。

もし一流の子供を育てる方法があるのなら、それを試してみたいと思う家庭がほとんどでしょう。

 

絶対に一流になれるわけではありませんが、一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てるは一読する価値がある本になります。

中学受験の参考書ではありませんが、親が一度は読んでおく価値の高い教育本になります。

中学受験という難しい時期に、どのように子供と接するかのヒントにもなります。

 

勉強の楽しさや自分の強みなど、子どもを伸ばすための方法が色々と説明されています。

中学受験の勉強法にも通じる部分があるので、親にとっては参考になる1冊と言えるでしょう。

絶対正しい教育法は存在しませんが、こういった過去のデータを参考にするのは中学受験の勉強にも役立ちます。