中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験で失敗しないための直前の準備

スポンサーリンク

中学受験の大詰め時期となり、最後の追い込みなどに精を出す家庭も多いです。

暗記科目などは、最後の最後まで覚えれば偏差値を上げるチャンスがあります。

しかしこの時期の調整で失敗すると、中学受験の失敗に繋がるので注意しましょう。

 

中学受験は勉強ができるだけでは、合格できない可能性があるのです。

普段の実力をしっかりと出せるように、最終調整をきちんと行うのが失敗を防ぐ方法になります。

気を付ければ簡単にできることなので、しっかりと対策をして中学受験に臨んでください。

 

中学受験の直前は体調管理をしっかりと行うこと

当然のことなのですが、受験直前に体調を崩してしまう子供は必ずいます。

普段どれだけ成績が良くても、体調不良では普段通りの実力を出すのが難しくなります。

受験直前は、今までの疲れが出やすい時期になるので体調管理をしっかりと行いましょう。

 

食事や睡眠をしっかりと取って、風邪などの病気にかからないようにしましょう。

体調を崩す子供は、睡眠不足などが多いので最終調整で頑張り過ぎないように注意しましょう。

この時期まで勉強したら、あとは落ち着いて受験に臨むことが合格に繋がります。

 

落ち着いて実力を出すための言葉

中学受験は、小学生の子供にとっては初めてとなる大きなイベントになります。

そのため思っている以上にプレッシャーが大きく、不安で頭がパニックになる子供も多いです。

こういった状況を打破するには、親の言葉がとても重要になります。

 

しっかりと実力を出せるように、きちんと子供のケアをしてあげましょう。

子供の性格によってかける言葉が違うので、不用意にNGワードを使わないようにして下さい。

中学受験を9割成功に導く「母親力」にも書かれていますが、子供の精神状態を安定させることは中学受験で失敗しないためには重要なことになります。

 

落ち着いて子供が受験に臨めれば、それだけで他のライバルに比べて有利になれます。

中学受験は1回勝負なので、こういったメンタル的なことも対策として必要になります。

 

将来を意識させてモチベーションを上げること

中学受験直前になると、どうしても合否しか頭に入らなくなります。

しかしこれでは精神状態も悪くなり、本来の実力を発揮できない可能性があります。

こういった時に役立つこととして、中学受験後をイメージさせることもあります。

 

合格した後の中学生活を想像させて、受験のモチベーションを上げるのです。

もちろん完璧に緊張が無くなるわけではありませんが、中学生活を想像できればモチベーションを上げるきっかけになります。

中学受験直前は自分の目標を忘れる時期になるので、しっかりと将来のこともイメージさせましょう。