中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の冬休みで失敗しない勉強法

スポンサーリンク

中学受験の冬休みは、勉強に焦りが出てしまう時期になります。

この時期に成績が伸びないと、ストレスが溜まり勉強で失敗することが多いです。

親があまりピリピリすると、子供にも影響するので気を付けましょう。

 

大事なことは、冬休みの勉強法で重要なことを理解することになります。

特に初めて中学受験をする家庭は、この時期に失敗しない方法がわかりません。

きっちりと子供のケアをすることが、中学受験の成功に繋がります。

 

中学受験の冬休みの勉強法

冬休みの勉強で重要なことは、過去問を中心に中学受験対策をすることです。

この時期は徹底的に、志望校対策をすることが中学受験の攻略に繋がります。

過去問を勉強する場合、過去5年間くらいのものを使って勉強しましょう。

 

以前とは傾向が変わっている中学も多いですが、根本となる学力を問う問題は古い過去問でも使えます。

冬休みに現状の実力を把握しておくことが、中学受験の成功に繋がります。

逆にこの時期に新しい勉強をしている家庭は、中学受験で失敗する可能性が高いです。

 

冬休みは新しい勉強はしないこと

冬休みで重要なことに、新しい勉強を取り入れないことになります。

この時期で最も重要なことは復習になり、新しいことを覚える時期ではありません。

今まで勉強した部分で、苦手科目などを中心に復習したほうが効率よく勉強できます。

 

新しいことを勉強したくなるでしょうが、ここは我慢も必要な時期になります。

基本的に過去問などを勉強して、理解できていない箇所を中心に復習しましょう。

地道に一つ一つ覚えることが、勉強の王道になるのです。

 

中学受験の冬休みは塾を利用すること

冬期講習に通う受験生は多いですが、重要なことは模試も利用することになります。

この時期は模試を活用して、自分の実力をしっかりと把握しましょう。

一つだけ受験も良いですが、余裕があれば他の塾の模試も受けてみましょう。

 

模試を受けることで、本番の緊張感も味わうことができます。

特に志望校の模試は、必ず1回は受験するようにしてください。

冬休みは成績を確認するのではなく、受験の空気を感じるのも重要になります。

 

冬休みのストレス対策

冬休みは、子供がストレスを溜めやすい時期になります。

あまり詰め込み過ぎるのも良くないので、元日くらいは羽を伸ばさせるのもストレス対策になります。

ちょっとした息抜きでも、精神状態に影響するのでしっかりと取ってあげましょう。

 

親がピリピリしすぎると、子供にもそれが伝わります。

中学受験では親の問題で失敗することも多いので、自己管理にも注意してください。