中学受験のやる気を維持するには

スポンサードリンク

中学受験は長い期間の勉強が必要で、途中でやる気がなくなることが多いです。

これは子供だけではなく、親にも見られる現象になります。

これを乗り越えることが、中学受験に合格するためには必要不可欠です。

ですが初めて中学受験をする家庭は、この克服にかなり苦労します。

特に子供のやる気を出そうと、親が必死になりマイナスに働くこともあるのです。

しっかりと対策を知ることが、中学受験の合格に繋がります。

中学受験のやる気がなくなる原因

受験勉強は、ある程度の期間がたつと必ずやる気がなくなってきます。

これには様々な原因があり、それを知ることで対策することができます。

主な要因としては、以下のことが挙げられます。

  • 偏差値が上がらず伸び悩んでいる
  • 周りの子供が楽しそうに遊んでいる
  • 親のプレッシャーが辛くなってくる

偏差値が上がらずやる気がでない

やる気がでない原因として、偏差値がなかなか上がらないことがあります。

頑張っているのに結果が出ないと、どうしてもやる気を出すのが難しくなります。

特に中学受験の最初の頃や、終盤にかけてよく見られる現象です。

これは中学受験に対する焦りでもあるので、親のサポートで対策できます。

受験開始や間近には、普通の神経の子供ならば不安や緊張で集中の糸が切れてしまいます。

それを励ますのは、親の大事なサポートになるのです。

偏差値が上がらなくても、焦らず勉強するように励ましましょう。

強制的に勉強させるのではなく、子供の話をしっかりと聞いてください。

子供は不満を口にすれば、意外と立ち直れるものだからです。

周りの子供が楽しそうに遊んでいる

これも良くあることですが、周りの子供が遊んでいるとやる気がなくなります。

どうして自分だけという気分になり、中学受験に嫌悪感を持つのです。

これは親のサポートだけでは、どうしても克服することはできません。

少し気晴らしに好きなことをさせるなどして、うまく調整をしましょう。

1日1時間程度でも、好きなことをすると頭がスッキリします。

やる気の回復にもつながるので、適度に好きなことをさせてあげましょう。

もし1時間も惜しいと思うならば、それは危険な考え方かもしれません。

1時間勉強しないだけで合格できない学力では、中学入学後に苦労します。

また適度な休憩は、脳をスッキリさせる効果もあるのでお勧めです。

親のプレッシャーが辛くなってくる

中学受験のやる気を無くすものとして、親のプレッシャーは非常に大きいです。

最初は親の期待に応えようと頑張りますが、徐々に辛くなってくるのです。

あまり大きな期待を、子供に与えないように注意しましょう。

もちろん多少の期待は、してあげないとやる気を出してくれません。

しかし一旦やる気を出したら、あまり過度な期待をかけるのはやめましょう。

思っているよりも、親のプレッシャーで中学受験に失敗するケースは多いです。

我が子を思う気持ちはわかりますが、それが失敗に繋がることもありえます。

適度な期待をかけることが、中学受験の合格に繋がります。

成績を上げるおすすめのオンライン講座

中学受験は、塾や家庭教師を使って勉強している家庭がほとんどです。知らないことも多い中学受験は、受験のプロに頼ることも当然重要な選択肢になります。ただし注意してほしいことに、塾や家庭教師だけで満足しないことがあります。

偏差値が高い子供は、基本的に自発的に机に向かって勉強をします。塾や家庭教師以外の時間でも勉強しているので、勉強しない子供よりも成績を上げる土台ができているのです。逆に塾や家庭教師に満足して、自宅で勉強しない子供はなかなか偏差値があがりません。

中学受験などの受験勉強は、この家庭での学習時間が合否の分かれ目になると言ってよいでしょう。塾や家庭教師を使っているがなかなか偏差値が上がらないと思ったら、家庭できちんと学習しているかチェックしてみましょう。もしかしたら机に向ってはいるけれども、集中していない可能性もあります。

ここで怒鳴ったり、無理やり勉強させる親もいますが、全ての子供がこの方法で勉強するとは限りません。むしろ勉強が嫌いになるのが普通でしょう。子供の成績が伸びるのは、勉強を楽しいと思って自発的に勉強するようになってからです。

偏差値が高い子供のほとんどが、勉強が楽しくて自分からどんどん学びたいと言っています。これは良い教師や教材と出会っているケースが多く、逆に勉強が嫌いな子供はあまり良い環境にいないと言えるでしょう。

なかなか偏差値が上がらない子供は、一流講師の授業を一度受けてみて下さい。聞くだけでも勉強が楽しいと思えるようになり、自発的に勉強する手助けになってくれます。ですが普通は一流の講師なんて近くにいません。東京などの都会に行かなければ、昔は良い講師の授業など受けることはできませんでした。

ですが現在はインターネットが普及したので、そういった一流の講師授業もオンラインで受けることができるようになりました。PCやタブレットがあれば、受験のプロの授業を自宅で聞くことができるのです。Z会の通信教育やリクルートの勉強サプリは、中学受験に必要な基礎知識を身につけられる授業が取り揃っています。

特に勉強サプリは豪華な講師陣で話題となり、中学受験でも利用している家庭が増えています。その口コミから受験の必須教材とまで言われるようになりました。勉強嫌いの子供もやる気をだした!などの体験談も多く、中学受験で利用している人も増えています。

勉強サプリには基礎編と応用編があり、中学受験の基礎を身につける場合は基礎編から始めると良いでしょう。本格的に中学受験の勉強をする場合は、応用編を勉強すると偏差値アップにつなげることができます。中学受験の偏差値を上げるために、勉強サプリも塾や家庭教師と併用してください。