中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

塾の冬期講習選びで中学受験の勉強が変わる

スポンサーリンク

冬期講習から塾に通う場合、いつもと違う塾に行くのも一つの勉強法です。

同じ塾に通い続けることも大事ですが、冬の時期は中学受験では重要な時期になります。

ここで成績を上げるためには、塾選びをしっかりとすることが大事になります。

 

冬期講習の塾選びのポイント

冬期講習の塾は、基本的には大手の塾に通ってみることをお勧めします。

特に小学6年の子供は、追い込みの時期で色々なテクニックを学ぶことができるからです。

中学受験は単純に学力だけではなく、受験のテクニックも重要になります。

 

大手の塾が良いところは、中学受験のノウハウが非常に多いことです。

勉強は当然難しいですが、それ以上に中学受験で役立つ情報をたくさんもらえます。

こればかりは大手が有利になるので、冬期講習に通うのは非常にお勧めです。

 

ですが学力が低い場合は、そのレベルの高さに驚くかもしれません。

しかしチャレンジすることで、必ず将来の役に立つことは間違いありません。

もし子供が自信を無くしそうならば、親がしっかりとサポートしてあげましょう。

 

勉強法を教えてくれる学習塾を選ぶこと

冬期講習の学習塾選びで重要な事は、勉強法を教えてくれるかになります。

ただテキストを勉強するだけならば、独学でもできないことはありません。

むしろ普段の勉強をどうするかを教えてくれるかが、大事なポイントになります。

 

これは先生によっても変わりますが、良い先生は成績を伸ばせる勉強法を知っています。

家庭での勉強のポイントを教えてくれるので、それを実践すると必ず成績が上がるのです。

大手の塾の講師は、こういった家庭の勉強法を教えてくれる先生も多いです。

 

小学6年生などは残り少ないですが、今までの知識を活かす勉強にも繋がります。

少し違った環境で勉強するのも、成績を上げるきっかけになる可能性が高いです。

冬期講習では、いつのも塾とは違った塾に通うのも追い込みとしてはお勧めです。

 

冬期講習だけに期待しないこと

冬期講習は夏に比べると、勉強の時間がかなり少なくなります。

そのため塾に通っただけでは、大幅な偏差値アップを期待するのは難しいです。

塾で習った勉強をしっかりと定着させることが、偏差値アップに繋がるのです。

 

中学受験の勉強は、どうしても地道な作業が必要になります。

そうした地道な作業を継続させるコツも、塾は数多く持っているのです。

冬期講習だけではすぐに成果は出ませんが、偏差値アップに繋がる成果を得ることができます。