中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

受験勉強でやる気を出すためのステップ

スポンサーリンク

受験勉強は長い期間になるため、やる気を継続することが難しいです。

中学受験は小学生が受験するため、特にやる気の継続が難しくなるのが問題になります。

逆にやる気を出すことができれば、中学受験の合格率を上げることができるのです。

小学生が、受験勉強でやる気を出すためのステップを紹介します。

 

親の対応が受験勉強のやる気に繋がる

受験勉強でやる気が出ない原因として、強制されることがあります。

親に言われたから仕方無く勉強するのでは、絶対に偏差値を伸ばすことはできません。

中学受験も同様で、自発的に勉強をするやる気を起こさせることが重要です。

 

そのためには親の対応が重要で、それを間違うと子供のやる気は失われます。

良くある間違いで、どうして勉強しないのという親は良くいますね。

ですがこの言葉は、中学受験を控える子供にとってはタブーと言えます。

 

本人たちは勉強しているのに、それを認めてもらえないと思ってしまうからです。

受験勉強のやる気を出させるには、きちんと子供を認めることも重要です。

子どもがぐんぐんやる気になる魔法の声かけには、子供のやる気を出させるポイントが書いてあり参考になります。

 

肯定的な対応で子供のやる気を引き出す

基本的に人間は、否定的な対応をされるとやる気を失ってしまいます。

子供はそれが顕著で、親がガミガミ叱っても勉強をしないのはそのためです。

受験勉強では、肯定的な対応をして子供のやる気を引き出しましょう。

 

やり方は簡単で、できたら褒めることが第一になります。

失敗しても怒らないで、まずはその原因を子供に調べさせてみましょう。

同じ間違いをしなくなったら、しっかりと褒めれば子供は伸びます。

 

過度の褒めすぎは逆効果になるので、適度に褒めることがポイントになります。

「ほめる力」が子どもを伸ばす ―キャラナビでわかる子どものやる気の引き出し方は、子供の褒め方のポイントを学ぶことができます。

一人一人個性が違うので、その子の個性に合った褒め方をしましょう。

 

受験勉強でやる気を出させるには

受験勉強でやる気を出させるには、親のサポートが重要になります。

しかし過度なサポートは、子供を甘やかせてしまう可能性もあるのです。

適度なサポートをして、中学受験に臨むことが合格のポイントになります。

 

最終的には、子供が自分の力で道を切り開かなければなりません。

親のサポートを頼る子供になると、途中で伸び悩んでしまいます。

ある程度、子供が自分から勉強するようになったら後は放置しておきましょう。

 

自発的な勉強ができるようになれば、受験勉強の対策としては最高の状態と言えます。

ここで余計な負担を親がかけないことも、中学受験は重要なポイントになります。