中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験で効率よく偏差値を上げる戦術

スポンサーリンク

中学受験では、偏差値が合格の一つの指標となります。

そのため偏差値を上げることが、中学受験での合格に繋がります。

しかし勉強だけで簡単に上げることができないのが、偏差値の難しいところです。

 

偏差値を上げるためのポイント

中学受験で偏差値を上げるためには、ガムシャラに勉強するだけではいけません。

きちんと戦略を持って勉強することが、偏差値アップに繋がります。

まず最も偏差値を上げやすいのは、苦手教科の克服です。

 

苦手教科は、基本的に勉強不足が原因である可能性が高いです。

基礎をしっかりと勉強して、中学受験対策をすれば誰でも一定のレベルまでは上がります。

もし苦手教科の偏差値が50以下ならば、まずは55前後を目安に勉強しましょう。

 

苦手教科の勉強と偏差値

苦手教科と一言でいっても、色々な単元にわかれています。

算数でも計算や図形など、子供によって得意な分野と苦手な分野があります。

偏差値を上げるためには、苦手分野を中心に勉強しましょう。

 

必死に勉強すれば、だれでも55前後までは偏差値を上げることは可能です。

しかしそこから偏差値60へ行くには、かなり難易度が上がります。

まずは偏差値55を目標にすることが、中学受験の勉強のコツになります。

 

模試なども利用すること

自分で苦手と思わなくても、実はあまり点数がとれない単元もあります。

模試などの結果を見て、しっかりと子供の苦手分野を確認しましょう。

テストの結果は、基本的には現在の本当の実力と言えます。

 

偏差値を上げるためには、テストで間違えた部分の理解が不可欠です。

この勉強法をするだけでも、偏差値を確実に上げることができます。

模試はただ受験するのではなく、偏差値アップの鍵となることを覚えておきましょう。

 

中学受験の偏差値の壁

基本的に中学受験は、志望校によって必要な偏差値が変わります。

上位の有名中学であれば、最低でも60以上の偏差値が必要と言われています。

しかし一般的に、60を超える偏差値を取ることは簡単なことではありません。

 

偏差値の壁としては、50台から60台になるのが最も難しいでしょう。

このラインを突破できれば、かなり有利な立場になっていると言えます。

60台になるためには、勉強にテクニックも必要になります。

 

塾や家庭教師に習っている子供が、偏差値60を超えるケースが多いのはテクニックを知っているからです。

効率よく問題を解くテクニックを知ることは、中学受験の合格では重要な要素になります。