中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

小学生にスマホを持たせると中学受験に影響する

スポンサーリンク

スマートフォンが普及してから、小学生の子供にスマホを持たせる親が増えています。

もちろんメリットもありますが、中学受験に関しては悪影響が懸念されます。

スマホを小学生に持たせる親は、中学受験の勉強に注意しましょう。

 

小学生がスマホを持つと勉強しなくなる

スマホを持つとわかるのですが、生活がかなり便利になります。

気になることをネットで調べたり、アプリで遊んだりできるからです。

しかも持ち運びが簡単なので、いつでも自由に使うことができます。

 

そのため電車などを見ると、スマホを使っている社会人も多いですよね。

では小学生がスマホを持つと、勉強にどんな影響があるのでしょうか。

一番大きい影響に、スマホ依存症になってしまうことです。

 

友達と連絡したり、アプリで遊ぶのは非常に楽しいです。

それが癖になってしまうと、勉強の時間が削られてしまいます。

なるべく親が監視することが、小学生にスマホを持たせるポイントです。

 

小学生のスマホは夜に注意

小学生のスマホで特に注意することは、夜になります。

寝るときにスマホがあると、ついつい使ってしまって眠れません。

中学受験では体力勝負の部分もあるので、スマホは寝るときは持たせないようにしましょう。

 

嫌がる子供も多いかもしれませんが、スマホ依存してしまうと今後も大変です。

中学受験が終わった後にも影響するので、小学生の内からスマホの扱いには気を付けましょう。

しかしスマホにはメリットもあるので、そういった事に活用するのはお勧めです。

 

中学受験に役立つスマホ

スマホアプリの中で、小学生にも役立つ教育関係のアプリは多いです。

計算や漢字の勉強など、スマホで勉強できるのは中学受験にも役立ちます。

親の監視の下であれば、そういったアプリで勉強するのもお勧めです。

 

自分一人で勉強させても良いのですが、知らないうちに違う遊びをしている可能性もあります。

ただしアプリを使うのは、小学4年までにしておきましょう。

5年生以降に関しては、スマホを使わせると悪影響の方が多くなるからです。

 

小学生がスマホを持つべきか

物騒な世の中なので、位置情報がわかるスマホを小学生に持たせるのは一つの安全なセキュリティになります。

しかしスマホに依存しすぎると、生活が荒れるのでメリットばかりではありません。

小学生に絶対に必要なものではないので、よく検討してスマホを持たせてあげましょう。