中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験で伸び悩んでいる場合

スポンサーリンク

中学受験で成績が伸び悩むことは、どの家庭にも起こることになります。

どれだけ必死に勉強しても、なかなか成績が伸びないのはストレスになります。

しかしそこで心が折れてしまうと、今後の勉強にも大きく影響してしまいます。

 

中学受験は伸び悩み時期が長い

基本的に中学受験のような受験勉強は、成績が順調に伸びることはありません。

必死に勉強したからといって、すぐに偏差値に反映されることは稀と言ってよいでしょう。

むしろ勉強時間が長い割に、なかなか結果が伴わないのが普通のことです。

 

その理由としては、勉強の成果が出るのは数か月スパンになるからです。

小学校のテストは、基本的に勉強した短い範囲から出題されることが多いです。

ですが中学受験は、テストに出題される問題は全くわかりません。

 

そのため勉強したからといって、すぐに問題が解けるわけではありません。

色々な問題を解いて経験値を増やすことで、成績を上げる土台が作られます。

ですのですぐに結果を求めると、中学受験ではストレスが溜まります。

 

伸び悩みが解消される時期

伸び悩んでいた成績が、一気に上昇する時期は年に数回あります。

これは大きく2つのパターンがあり、現在の実力によって違います。

 

  • もともと成績が低かった
  • 勉強の成果が出た

 

もともと成績が低い子供が、勉強をすると一気に成績が上がります。

これは元々ゼロの状態であるほど、大きく成績が上がります。

ですが一定の成績になると、そこで落ち着いてしまいます。

 

その状態から脱出するには、地道に勉強をするしかありません。

それが勉強の成果が出たということに繋がるのです。

ある程度の実力がある子供は、一定の成績で止まってしまいます。

 

これは悪いことではなく、ここから上がるのが難しいだけなのです。

実力を上げるためには、この停滞期間に必死に勉強するしかありません。

焦らずじっくりと勉強すれば、どこかのタイミングで成績が上がります。

 

成績が伸びない原因

成績が伸びない原因の一つとして、プレッシャーもあります。

特に親の期待が過度のプレッシャーとなり、勉強に不安を持つ子供も多いです。

期待に応えるための勉強は、楽しくなく記憶の定着も遅いです。

 

成績が伸びなくても、過度のプレッシャーをかけるのは止めましょう。

期待したい気持ちはわかりますが、それが勉強の妨げになることもあるのです。

しっかりとサポートするのも親の役目になります。