中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の冬休みの冬期講習前にすべきこと

スポンサーリンク

中学受験の冬休みは、小学6年生にとっては最後の追い込み時期になります。

小学4年や5年にとっても、新しい学年前のまとまった休みになります。

中学受験を目指す場合、ほとんどの家庭は冬期講習に通います。

しかし中学受験の冬期講習前に、行っておくことがあります。

 

現在の成績を確認すること

中学受験で重要なこととして、現在の成績を常にチェックすることがあります。

春や夏の時期はあまり気にしなくても、冬休み前には気にするようにしましょう。

この時期は成績の変動が多く、成績の上下が大きくなってしまうからです。

 

ですが成績が変わったとしても、焦らず対処することが重要になります。

特に点数は変わらないのに成績が落ちることは、中学受験ではよくあります。

今まで隠れていた子供が、急に成績を伸ばすのが冬休み前だからです。

 

成績から冬休みの塾を決める

成績が悪いと冬休みに複数の塾を掛け持ちしたくなりますが、落ち着いて対処しましょう。

もし成績が変わらないのであれば、今の塾のまま様子を見た方がよいでしょう。

成績が下がっているのであれば、一度塾の講師に相談することをお勧めします。

 

勉強は精神状態に左右されやすいので、季節が変わる冬前に成績を落とすことは良くあります。

一時的な要因であれば問題ないので、焦って結果だけを求めてはいけません。

塾を変えると環境の変化についていけない子供もいるので、落ち着いて様子を見てください。

 

冬期講習前に体験入学をする

多くの塾では体験入学という制度を設けています。

冬休みの冬期講習を検討しているのであれば、一度体験入学することをお勧めします。

塾の雰囲気や環境がわかるので、とても役立つ制度です。

 

体験入学では成績が上がるかはわかりませんが、子供がやる気になれば効果ありと考えてよいでしょう。

ちょっとしたきっかけで子供のやる気はアップするので、体験入学を利用するのは一つの勉強法と言えます。

塾に行くのは絶対ではありませんが、中学受験を考えているなら検討してみてください。