中学受験の冬休みの冬期講習前にすべきこと

スポンサードリンク

中学受験の冬休みは、小学6年生にとっては最後の追い込み時期になります。

小学4年や5年にとっても、新しい学年前のまとまった休みになります。

中学受験を目指す場合、ほとんどの家庭は冬期講習に通います。

しかし中学受験の冬期講習前に、行っておくことがあります。

現在の成績を確認すること

中学受験で重要なこととして、現在の成績を常にチェックすることがあります。

春や夏の時期はあまり気にしなくても、冬休み前には気にするようにしましょう。

この時期は成績の変動が多く、成績の上下が大きくなってしまうからです。

ですが成績が変わったとしても、焦らず対処することが重要になります。

特に点数は変わらないのに成績が落ちることは、中学受験ではよくあります。

今まで隠れていた子供が、急に成績を伸ばすのが冬休み前だからです。

成績から冬休みの塾を決める

成績が悪いと冬休みに複数の塾を掛け持ちしたくなりますが、落ち着いて対処しましょう。

もし成績が変わらないのであれば、今の塾のまま様子を見た方がよいでしょう。

成績が下がっているのであれば、一度塾の講師に相談することをお勧めします。

勉強は精神状態に左右されやすいので、季節が変わる冬前に成績を落とすことは良くあります。

一時的な要因であれば問題ないので、焦って結果だけを求めてはいけません。

塾を変えると環境の変化についていけない子供もいるので、落ち着いて様子を見てください。

冬期講習前に体験入学をする

多くの塾では体験入学という制度を設けています。

冬休みの冬期講習を検討しているのであれば、一度体験入学することをお勧めします。

塾の雰囲気や環境がわかるので、とても役立つ制度です。

体験入学では成績が上がるかはわかりませんが、子供がやる気になれば効果ありと考えてよいでしょう。

ちょっとしたきっかけで子供のやる気はアップするので、体験入学を利用するのは一つの勉強法と言えます。

塾に行くのは絶対ではありませんが、中学受験を考えているなら検討してみてください。

成績を上げるおすすめのオンライン講座

中学受験は、塾や家庭教師を使って勉強している家庭がほとんどです。知らないことも多い中学受験は、受験のプロに頼ることも当然重要な選択肢になります。ただし注意してほしいことに、塾や家庭教師だけで満足しないことがあります。

偏差値が高い子供は、基本的に自発的に机に向かって勉強をします。塾や家庭教師以外の時間でも勉強しているので、勉強しない子供よりも成績を上げる土台ができているのです。逆に塾や家庭教師に満足して、自宅で勉強しない子供はなかなか偏差値があがりません。

中学受験などの受験勉強は、この家庭での学習時間が合否の分かれ目になると言ってよいでしょう。塾や家庭教師を使っているがなかなか偏差値が上がらないと思ったら、家庭できちんと学習しているかチェックしてみましょう。もしかしたら机に向ってはいるけれども、集中していない可能性もあります。

ここで怒鳴ったり、無理やり勉強させる親もいますが、全ての子供がこの方法で勉強するとは限りません。むしろ勉強が嫌いになるのが普通でしょう。子供の成績が伸びるのは、勉強を楽しいと思って自発的に勉強するようになってからです。

偏差値が高い子供のほとんどが、勉強が楽しくて自分からどんどん学びたいと言っています。これは良い教師や教材と出会っているケースが多く、逆に勉強が嫌いな子供はあまり良い環境にいないと言えるでしょう。

なかなか偏差値が上がらない子供は、一流講師の授業を一度受けてみて下さい。聞くだけでも勉強が楽しいと思えるようになり、自発的に勉強する手助けになってくれます。ですが普通は一流の講師なんて近くにいません。東京などの都会に行かなければ、昔は良い講師の授業など受けることはできませんでした。

ですが現在はインターネットが普及したので、そういった一流の講師授業もオンラインで受けることができるようになりました。PCやタブレットがあれば、受験のプロの授業を自宅で聞くことができるのです。Z会の通信教育やリクルートの勉強サプリは、中学受験に必要な基礎知識を身につけられる授業が取り揃っています。

特に勉強サプリは豪華な講師陣で話題となり、中学受験でも利用している家庭が増えています。その口コミから受験の必須教材とまで言われるようになりました。勉強嫌いの子供もやる気をだした!などの体験談も多く、中学受験で利用している人も増えています。

勉強サプリには基礎編と応用編があり、中学受験の基礎を身につける場合は基礎編から始めると良いでしょう。本格的に中学受験の勉強をする場合は、応用編を勉強すると偏差値アップにつなげることができます。中学受験の偏差値を上げるために、勉強サプリも塾や家庭教師と併用してください。