中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の算数の勉強法に失敗しないために必要なこと

スポンサーリンク

中学受験の算数の勉強は難しく、勉強法で失敗してしまう家庭が多いです。

特に頭から難しすぎるというイメージがあるせいか、いきなり塾に行かせて勉強させる家庭もあるのです。

中学受験で算数を攻略するためには、塾も大事ですがそれ以上に大事なことがあるのです。

 

算数は基本ができていることが前提

まず失敗しない最も大事な事として、中学受験の算数は算数の基本ができていることが前提です。

小学生の算数をしっかりと勉強していなければ、中学受験レベルの問題は解けずに失敗してしまいます。

この過程を飛ばして、いきなり塾に行ったのでは算数の成績は伸びないでしょう。

 

もし小学校の算数が苦手なのであれば、普通の塾や家庭教師にお願いしましょう。

あるいは家庭で父親や母親が、算数を教えてあげても良いでしょう。

この基礎の基礎ができていることが、失敗せずに中学受験算数に立ち向かえる第一歩なのです。

 

算数で失敗する親の育て方

基本的に算数は、計算問題1問解くにもそれなりに時間がかかる教科です。

そのため余裕を持ったスケジュールで勉強しなければ、算数の進捗が遅く失敗してしまいます。

毎日勉強させるのも良いですが、一気にたくさんの算数の問題を解かせるのはあまり良くありません。

 

よく親が問題集を与えて、数ページ一気に解かせようとします。

これは算数ができる子供以外は、時間がなく焦り全然できずに終わってしまうでしょう。

この勉強法こそが、算数の勉強を失敗する大きな原因の一つになります。

 

算数で失敗しないための勉強法

算数の勉強はどうしても時間がかかるので、一つ一つ丁寧に解くようにしましょう。

間違えた問題は必ず復習して確実に覚えれば、算数の勉強に失敗することはありません。

算数に失敗する家庭は、焦ってどんどん次へ進めようとすることなのです。

 

どうしても解けない問題などは飛ばしても良いですが、基本的には1問にじっくりと時間をかけましょう。

時間をかけて着実にステップアップすることが、算数で失敗しない勉強法になります。