中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の算数は計算を工夫をすること

スポンサーリンク

算数が解けない子供の多くは、計算が遅い傾向があります。

中学受験の試験時間内で、算数の問題が終わらない子供は計算を工夫すべきです。

算数の計算は、工夫次第でスピードを上げられるので中学受験でも効果的です。

 

算数の計算は毎日勉強すること

中学受験で算数が苦手な子供は、計算を毎日解く勉強をしましょう。

計算だけで算数の成績は上がらないと思っているでしょうが、計算が早くなることのメリットは思っている以上に大きいです。

計算が早くなれば、文章問題や図形にじっくりと取り組むことができるからです。

 

算数の計算は、<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」がお勧めです。

中学受験対策の問題集ではありませんが、算数の基本である計算を勉強するのに適した書籍です。

毎日計算をすることで、確実に算数の計算スピードを上げることができます。

 

計算に慣れてきたら次のステップへ

計算に慣れてきたら、次のステップとして文章問題や図形と組み合わせた勉強をしましょう。

計算だけを勉強すると、飽きてきて算数が詰まらないと感じるようになります。

中学入試 算数 実力突破 計算と一行問題 基本編: 偏差値55を超える! 毎朝10分の合格トレーニング (中学入試絶対合格プロジェクト)は、基礎的な計算と1行問題で中学受験対策ができます。

 

基礎編が終わったら、実力突破算数計算と一行問題―中学入試 (中学入試絶対合格プロジェクト)で勉強しましょう。

難易度も中学受験としては平均的なレベルなので、基礎から勉強するのに向いています。

まずは算数の計算をしっかりとできるようになることを、目標にして勉強して下さい。

 

中学受験の算数は時間との闘い

中学受験の算数は、時間との闘いになることが多いです。

考える問題も多く、思っている以上に試験時間が経過するのが早く感じられるでしょう。

ですので算数の計算は正確にスピーディーにできることが、中学受験合格へと近づきます。

 

算数は決して簡単な教科ではありませんが、計算ができれば他の子供よりも有利になります。

できるだけ早い時期から、計算に強くなるように勉強をしましょう。

中学受験対策は、どれだけ時間があっても足りないと感じるのです。