中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

小学生が中学受験の算数の難問を解ける可能性

スポンサーリンク

中学受験の算数は、テストの中に1題は小学生には厳しい難問と呼ばれる問題が存在します。

ただし学校によって難問のレベルに違いがあり、有名中学の算数の難問は大学生でも解けないレベルと言われています。

一方で中堅私立などの算数の難問は、勉強すれば小学生でも解けるレベルと言われています。

この算数の難問をどう解くかが、中学受験で合格する確率を変えるポイントになります。

 

算数の難問は捨てるべきなのか

基本的に満点合格を狙っているのでなければ、中学受験の算数の難問を捨てる選択は間違っていません。

他よりも配点が高くても、それ1題を解けなければ不合格になる確率は低いからです。

むしろ算数の難問に時間をかけすぎると、他の問題の時間がなくなるリスクがあります。

 

もちろん解ければそれだけ大きな点数になりますが、難問を解ける小学生は正直かなり少ないはずです。

有名中学を狙っているのでなければ、算数の難問を捨てる選択肢はありだと感じています。

勉強してなんともならないと感じたら、無理して解く必要はないケースが多いです。

 

算数を得点源にしている小学生

一般的に平均点が低い算数ですが、中にはそれを得点源にしている小学生もいます。

いわゆる算数が得意な小学生ですが、彼らの中学受験は決して順風満帆ではありません。

算数が得意でも難問や奇問が多い中学受験では、絶対に解ける保証はどこにもないからです。

 

むしろ基礎的な問題しか解けなかった場合、他のライバルとの差がつけられなくなってしまいます。

そう考えると算数の点数は重要ですが、それだけに頼った勉強は中学受験では厳しいです。

しっかりと国語なども勉強することが、合格へと繋がっていくのです。

<中学入試>国語の読解は「答え探しの技(ワザ)」で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!

<中学入試>国語の読解は「答え探しの技(ワザ)」で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!

 

 

小学生に難問を解かせる意図

中学受験に限りませんが、何故小学生に算数の難問を解かせる必要があるのでしょうか。

その理由として、一部の天才を確保するという目的があるからです。

有名中学校にとって重要な事は、東大や京大などの有名学校の合格率を上げることです。

 

有名校の実績があれば、学校の希望者も増えて経営が安泰するからです。

そういった実績を作るには、頭の良い子供を確保することが最も確実です。

その意味で算数の難問を解ける小学生は、貴重な人材と言えるのです。

 

ですので普通の家庭の中学受験では、算数の難問は絶対に解けなくても問題ありません。

むしろ難問に惑わさせずに、きちんと基本から勉強をすることが重要になります。