中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の偏差値に油断した結果

スポンサーリンク

中学受験の偏差値は、志望校合格の最も大きな目安となる数字です。

そのため偏差値が高いほど、余裕を持って中学受験に臨むことができます。

しかしこの偏差値には、注意しなければ後で痛い目を見る可能性があるのです。

 

夏休み後の偏差値は変動する

まず中学受験の偏差値で注意すべきことは、夏休み後に変動する可能性が高いことです。

特に小学6年生は、中学受験前の最後の夏休みで必死に勉強をします。

これによって成績が上がる子供が多く、それが原因で偏差値が大きく変わるのです。

 

変わると言っても問題になるのは、もともと偏差値が中途半端に高かった子供です。

周りのレベルが上がることで、上位の成績から中位になることは良くあります。

ここで焦ってしまい、勉強をどうすべきなのか悩む家庭もかなり多いです。

 

偏差値が下がっても焦らないこと

偏差値だけを見て、下がってしまったことに焦りを覚えるのは普通のことです。

ですが偏差値が下がっても、合格率まで下がらなければ焦らずに今まで通りの勉強をしましょう。

全体的に夏休み後は偏差値が変わりやすいので、そこで勉強をブレてはいけません。

 

特に親の焦りは子供にも影響するので、冷静に対応することが求められます。

もし不安が大きければ、塾の先生などに相談するのも良いでしょう。

あまりに成績がまずい場合は、塾側でもきちんとした対処を考えてくれるからです。

 

中学受験の偏差値で失敗する家庭

偏差値はとても大事な要素ですが、それが全てではありません。

特に中学受験では、受験する模試などによっても偏差値が変わります。

大手の四ツ谷やSAPIXなどは、普通の偏差値よりも低くなるのが一般的です。

 

中学受験の偏差値で失敗する家庭は、そういった情報を調べていない傾向があります。

全国統一模試で偏差値が良かったのに、大手で受験したら偏差値が大幅に下がってしまうことを知らないのです。

これは親の責任でもあり、中学受験では良く見る光景になります。

 

子供が集中して勉強するためにも、偏差値の仕組みはしっかりと親が覚えましょう。

塾などでも説明されるのですが、慣れない言葉なので覚えにくいかもしれません。

しかしこうした情報を正しく認識することが、中学受験合格には必要不可欠な行為です。

中学受験を考えたらまず読む本 (日経ムック)

中学受験を考えたらまず読む本 (日経ムック)