中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

夏休み後の中学受験の勉強方法

スポンサーリンク

夏休みの勉強は中学受験で大きな影響がありますが、夏休み後の勉強もしっかりと行うことは重要です。

ですが学校生活が始まると、今までのように全ての時間を中学受験の勉強に当てることはできません。

ここからはどれだけ効率よく勉強するかも、中学受験の合否に関わってきます。

 

夏休み後の勉強方法は学年で変わる

小学校4年生くらいまでであれば、今までの学校生活を変える必要はそれほどありません。

時間的な余裕はあるので、ゆっくりと確実に基本を勉強していきましょう。

あまり焦りすぎると、途中でペースダウンするので一定のペースで勉強するのが好ましいです。

 

小学校5年生であれば、来年に向けて具体的な結果が欲しくなる時期です。

模試などにチャレンジして成績が悪かったら、しっかりと基本から見直してください。

まだ基本を復習する時間は十分あるので、6年になる前にしっかりと基礎を身につけましょう。

 

小学校6年生は、残り数か月の勝負を必死で勉強する必要があります。

成績がよくても、夏休み後に伸びてくる受験生も多いので気を抜いてはいけません。

中学受験に焦点を絞って、しっかりと勉強をしましょう。

 

学校の勉強は重要になるのか

多くの家庭が気になる事に、学校の授業はどの程度勉強すべきかがあります。

正直なところ、国数以外は中学受験にはそこまで重要ではありません。

しかし学校の評価も相対的な指標とする中学もあるので、手を抜くのは良くありません。

 

頭でっかちにならないように、しっかりと学校生活も頑張りましょう。

実際に良い中学に合格している子供は、学校生活も一生懸命頑張っています。

これは中学受験だけではなく、高校や大学でも同じことが言えます。

 

何かに熱中する集中力がある子供の方が、将来的に成功しやすくなります。

受験勉強だけに特化してしまうと、社会で上手くやっていけない大人になるリスクもあります。

学校生活も一生懸命行い、中学受験の勉強も頑張りましょう。

 

2つを同時に行うのは難しいですが、これは間違いなく子供の財産になります。

今しかできない勉強なので、親も一緒にサポートしてあげましょう。

塾や家庭教師だけに頼らず、しっかりと親のサポートがある子供は成績も良くなります。