中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験をしないで将来難関校を狙う

スポンサーリンク

中学受験をしないで、将来難関校を狙う家庭も実は多いです。

せっかく中学受験の準備をしたのに、勿体ないと思うかもしれません。

ケース・バイ・ケースですが、この考え方を適用する家庭はある特徴があります。

 

中学受験をしない理由

中学受験をしない大きな理由は、まず準備が間に合わないことがあります。

小学6年生から中学受験の準備をして、志望校のレベルまで成績を上げられない場合です。

頑張れば何とかなるとしても、子供の時間をかなり費やす必要があります。

 

もしそれで中学受験に失敗したら、親子ともに大きな心の傷になるかもしれません。

そこまでリスクを背負って、中学受験をする必要はないと判断する家庭もあります。

中学受験をしない場合でも、難関高校に合格することは決して難しいことではないからです。

 

中学受験をしない方が学力が高くなる

一般的に良い中学に入学したほうが、頭が良くなると思うかもしれません。

しかし実際には、中学受験で合格した子供の学力が飛び抜けて高くなることはありません。

なぜなら私立中学などでは、決して頭が良くなる授業をするわけではないからです。

 

高校に向けた合理的な授業をするだけなので、良い高校に入学しやすくなるというメリットがあるだけです。

ですので公立中学の上位者に、高校で抜かれることはよくある光景です。

そういったこともあり、中学受験をしなくても良いと考える家庭もあるのです。

 

ただし必ずしも中学受験をした子供が、公立上位より成績が劣るというわけではありません。

有名中学の上位者は、異次元のレベルに頭が良い子供がいるのが普通です。

そういった子供は、東大や京大などの超有名大学まで普通に合格してしまいます。

 

中学受験はお金がかかる

中学受験をすると、学習塾などでお金がとてもかかります。

それだけではなく、その後も学校の費用は公立に比べて高くなる中学が多いです。

合格できる学力だとしても、家庭の経済の問題で中学受験をしないケースもあります。

 

実際に中学受験で合格して大学まで行くと、学校にもよりますが全て公立校に行くより何倍もお金がかかります。

経済が低迷している現在の日本で、そこまでして中学受験をしないと判断する家庭も普通に多いです。

あくまで中学受験は将来の第一ステップなので、そこが全てになるわけではないからです。