中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の模試は小学6年の夏休み後からが勝負

スポンサーリンク

中学受験で模試の成績は、志望校合格の大きな要因になります。

ですがあまり早い段階から模試の結果だけを気にすると、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。

模試の結果を本格的に気にするのであれば、小学6年の夏休み後からにしましょう。

 

模試の結果は夏休み以降に大きく変わる

中学受験を意識している家庭は、小学4年頃から勉強を始めることが多いです。

ですが小学4年や5年の頃は、まだ準備期間になるため本格的な模試を受けている子供はそこまで多くありません。

中学受験が本格化する6年生から、模試を利用する家庭は意外と多いのです。

 

そのため今まで模試を受けなかった成績の良い子供が、急にライバルとして現れるのです。

特に夏休み以降は、本格的に模試を受ける機会が多くなり今まで以上に偏差値が上がりにくくなります。

模試の結果を本当に気にすべき時期は、この6年生の夏休み以降になるのです。

 

中学受験の模試の結果が良くなる子供

中学受験で塾などに行くと、簡単に成績が上がり模試の点数が良くなると勘違いしている家庭もいます。

実際のところ、そんなに簡単に模試の結果が良くなることはほとんどありません。

しかし稀なケースとして、夏休み以降に模試の結果が格段に上がる子供がいます。

 

その特徴としては、今まで基礎を徹底的に勉強して中学受験対策を夏から始めた子供です。

基礎力が身についただけでは中学受験は対応できませんが、そこから応用力をつけることに成功すれば模試の結果は良くなります。

しかし基礎力をつけるには、忍耐の必要な繰り返し復習が必要なため時間がどうしてもかかります。

 

しっかりと基礎を勉強して、夏休み中に中学受験用の勉強に成功した子供が模試で結果を残せるのです。

こういったケースはそれほど多くないので、実際には数パーセントいれば多い方でしょう。

この基礎力を徹底的につけることが、中学受験に合格する鍵になります。

 

模試が悪い場合は親がフォローすること

実際問題、模試の結果がそんなに簡単に上がることはありません。

小学6年の夏休み後に受験して、思っていた以上に模試の結果が悪いことは良くあります。

そんな時に気を付けたいのが、親のアフターケアです。

 

模試の結果が悪くても、怒ったり勉強時間を急に増やすことは逆効果です。

子供が試験に恐怖心を持つ原因になり、試験に弱い子供になってしまいます。

極度のプレッシャーを与えることは、中学受験には良くありません。

 

反省点を見つけて、しっかりとフォローすることが親の努めです。

辛い時期になりますが、模試の結果はそう簡単に上がらないことを覚えておきましょう。