中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の倍率の裏に潜む罠

スポンサーリンク

中学受験をする場合、志望校の倍率は非常に気になる要素になります。

人気のある中高一貫校などは、非常に倍率も高く入学が困難と言われています。

ですが中学受験では、単純に倍率だけを見ると失敗してしまう可能性があります。

 

中学受験の倍率を参考にする場合

中学受験は、単純に倍率を参考にすることはお勧めできません。

その理由としては、中学受験の入試は倍率だけで判断できない要素があるからです。

最も難しいこととして、倍率が高ければ絶対に入れないわけではないことがあります。

 

受験では良くあることですが、倍率が高い学校を第一希望にしていないパターンがあります。

いわゆる滑り止めですが、これも倍率に含まれるのが中学受験の厄介なところです。

志望校にどれだけ滑り止めが多いかも、中学受験合格の鍵となるのです。

 

倍率が高い中学校の傾向

基本的には倍率が高い中学は、当然合格するのが難しくなります。

ただし一概に倍率が高いからといって、絶対に合格できないと諦める必要はありません。

実際に偏差値が低い子供が倍率が高い中学を受験して、合格する例は多いからです。

 

倍率が高い中学の傾向として、偏差値が極端に高くないことがあります。

これは滑り止め狙いという意味もあり、安全圏の中学を選ぶ家庭が多いからです。

ですので実際に合格しても、入学しないというパターンも実は多いのです。

 

倍率が高い中学を第一志望にする場合

倍率が高い中学を第一志望にする場合、最も重要な事は試験対策の方法になります。

先ほど言った通り、滑り止め目的で受験する家庭はそこまで注力して中学受験対策をしていません。

むしろ安全圏ということで、そこまでしっかりと試験対策をしていない家庭もあります。

 

もし倍率が高い中学を第一志望にする場合、志望校対策を徹底的に行いましょう。

安全圏狙いを含めた対策の時間を減らし、なるべく第一志望校対策に注力するのです。

そうすることで、倍率が高い中学でも合格できる確率が非常に高くなります。

 

倍率が高いと諦める家庭もありますが、それは勿体ないことでもあります。

判定が低くても、志望校対策に特化すれば合格する可能性は十分にあるのです。

まずは倍率が高い中学の実力をみることが、合格への鍵となります。

 

倍率が高い中学を判断する

開成のように、その中学を第一志望にしている場合は倍率が高いと不利になります。

ですが中堅中学であれば、第一志望の滑り止めにしている可能性が高いです。

そこが中学受験で、第一志望に合格できるかの分かれ道になります。

 

もちろん実力があれば問題ないのですが、受験では100%がありません。

合格率を考えることも、中学受験に失敗しないためには大事になります。

もし第一志望が、他のライバルも第一志望にしているのであれば、倍率が高いと厳しい戦いになります。

 

ですが第一志望が、滑り止めで受ける家庭も多い中学ならば勝機は格段に上がります。

その判断をすることは、中学受験に成功する要因の一つになります。

塾の先生や家庭教師を利用して、そういった情報も積極的に手に入れましょう。