小学生が自主勉強をするために必要な3つのこと

スポンサードリンク

中学受験では、小学生の子供に自主勉強をさせる習慣をつけさせることが大事になります。

どんなに良い塾に通っても、自主勉強なしで中学受験に合格することは難しいからです。

ですが小学生に自主勉強をさせることは、思っているよりも難しいことになります。

中学受験を控える親の悩みである、小学生の自主勉強は3つのステップを行うと自発的に勉強するようになります。

最初の導入が難しいですが、ファーストステップを乗り越えれば徐々に自主勉強の意識が芽生えてきます。

自主勉強は母親の力が第一

小学生の中学受験は、高校受験や大学受験とは異なるものになります。

子どもにとって、中学受験に合格しなくても中学には通うことになるからです。

そのため親だけが必死に頑張って、子供は自主勉強をしないという家庭はかなり多いです。

小学生が自主勉強をするには、勉強の習慣をつけることが必要になります。

これは塾だけでは身につかず、母親の力が絶対に必要になります。

単純に勉強しなさいではなく、何故中学受験の必要があるのかを理解させてあげましょう。

小学生の子供は理論的に説明しても、あまり理解できません。

上手に子供に中学受験の意味を理解させることが、自主勉強の習慣をつける秘訣です。

中学受験に勝つ子が育つ賢い親の習慣中学受験を9割成功に導く「母親力」には、そのためのノウハウが多くかかれています。

子どもがぐんぐんやる気になる魔法の声かけも役立つので参考にして下さい。

母親の力は、小学生の子供にとってかなり大きなものです。

影響力が大きいだけに、間違った方向に向かうと中学受験で失敗してしまいます。

きちんと子供をしつけることで、自主勉強の習慣をつけることができます。

自主勉強はノート作りを工夫すること

小学生に自主勉強をさせるには、勉強が楽しいものだと認識させることが大事です。

つまらなければ、子供は絶対に勉強をすることはありません。

子どもの力を引き出す自主学習ノートの作り方 (ナツメ社教育書BOOKS)には、自主勉強をするためのノウハウが書かれています。

ノウハウを理解したら、子どもの力を引き出す自主学習ノート 実践編 (ナツメ社教育書ブックス)で実践をしましょう。

ノートの書き方を変えるだけでも、自主勉強をするための環境が整います。

楽しく勉強することができれば、小学生でも自主勉強をさせることは可能です。

自主勉強ができない小学生は、基本的に勉強の楽しみを理解していないからです。

これは仕方のないことで、小学生の時期は友達と遊んだ方が楽しいからです。

ですが中学受験を目指すならば、他の小学生と同じ行動をしてはいけません。

時間の使い方を工夫すること

自主勉強が嫌いな小学生は、勉強をダラダラと続けてしまいます。

しかし人間はゴールがなければ、やる気を継続させることはできません。

勉強を続けるためには、時間の使い方を工夫することも必要です。

ゲーム感覚で何分以内に問題を解くなど、小学生が楽しめる設定を作りましょう。

勉強の時間をダラダラ伸ばすよりも、効果的に自主勉強をするようになります。

自分からどんどん勉強する子になる方法に、面白い勉強法の工夫が書かれているので参考にして下さい。

自主勉強の最終目標は、一人で勉強をすることになります。

しかしそれまでのヘルプとして、小学生の自主勉強を促す工夫を取り入れましょう。

成績を上げるおすすめのオンライン講座

中学受験は、塾や家庭教師を使って勉強している家庭がほとんどです。知らないことも多い中学受験は、受験のプロに頼ることも当然重要な選択肢になります。ただし注意してほしいことに、塾や家庭教師だけで満足しないことがあります。

偏差値が高い子供は、基本的に自発的に机に向かって勉強をします。塾や家庭教師以外の時間でも勉強しているので、勉強しない子供よりも成績を上げる土台ができているのです。逆に塾や家庭教師に満足して、自宅で勉強しない子供はなかなか偏差値があがりません。

中学受験などの受験勉強は、この家庭での学習時間が合否の分かれ目になると言ってよいでしょう。塾や家庭教師を使っているがなかなか偏差値が上がらないと思ったら、家庭できちんと学習しているかチェックしてみましょう。もしかしたら机に向ってはいるけれども、集中していない可能性もあります。

ここで怒鳴ったり、無理やり勉強させる親もいますが、全ての子供がこの方法で勉強するとは限りません。むしろ勉強が嫌いになるのが普通でしょう。子供の成績が伸びるのは、勉強を楽しいと思って自発的に勉強するようになってからです。

偏差値が高い子供のほとんどが、勉強が楽しくて自分からどんどん学びたいと言っています。これは良い教師や教材と出会っているケースが多く、逆に勉強が嫌いな子供はあまり良い環境にいないと言えるでしょう。

なかなか偏差値が上がらない子供は、一流講師の授業を一度受けてみて下さい。聞くだけでも勉強が楽しいと思えるようになり、自発的に勉強する手助けになってくれます。ですが普通は一流の講師なんて近くにいません。東京などの都会に行かなければ、昔は良い講師の授業など受けることはできませんでした。

ですが現在はインターネットが普及したので、そういった一流の講師授業もオンラインで受けることができるようになりました。PCやタブレットがあれば、受験のプロの授業を自宅で聞くことができるのです。Z会の通信教育やリクルートの勉強サプリは、中学受験に必要な基礎知識を身につけられる授業が取り揃っています。

特に勉強サプリは豪華な講師陣で話題となり、中学受験でも利用している家庭が増えています。その口コミから受験の必須教材とまで言われるようになりました。勉強嫌いの子供もやる気をだした!などの体験談も多く、中学受験で利用している人も増えています。

勉強サプリには基礎編と応用編があり、中学受験の基礎を身につける場合は基礎編から始めると良いでしょう。本格的に中学受験の勉強をする場合は、応用編を勉強すると偏差値アップにつなげることができます。中学受験の偏差値を上げるために、勉強サプリも塾や家庭教師と併用してください。