中学受験の偏差値を効率的に上げるために必要な勉強法

スポンサードリンク

中学受験の偏差値を上げるためには、必死に勉強するだけでは不十分になります。

なぜなら他のライバル達も、偏差値を上げるために同じように勉強しているからです。

中学受験で合格するには、ライバルよりも偏差値を上げるための戦略が必要になります。

中学受験の偏差値は、基本的には全体の平均から算出されるものです。

そのため最初の成績が悪い子供ほど、偏差値は上げやすくなると言えます。

もともと成績がよく60以上の偏差値の子供が10上げるのは、相当難しいと言えます。

ですが偏差値が30台であれば、40まで上げるのはそれほど難しくありません。

現在の実力から、偏差値をどの程度上げられるかを考えることも中学受験では重要になります。

単純に偏差値を10上げると言った勉強法を当てにするのではなく、しっかりと子供の実力から考えることが重要です。

中学受験の偏差値は低い教科から勉強すべき

中学受験の偏差値は、低い教科ほど上げやすくなると言えます。

一般的には、90点を100点にするよりも、30点を50点にする方が簡単だからです。

特に中学受験対策をしていない子供が、ある程度のテクニックを覚えると偏差値が40から50以上になるのは良くあることです。

そういった意味で、偏差値は苦手教科から勉強した方が目に見える成果が出やすいです。

ですが勉強が苦手な子供にとって、偏差値を上げることは簡単ではありません。

小学校の基礎ができていない子供が、中学受験のテクニックを覚えるのは時間がかかるからです。

逆に小学校の基礎ができている子供なら、中学受験のテクニックを覚えれば偏差値は比較的簡単に上がります。

偏差値を上げるためには、苦手教科を中心に勉強する戦略が正しいです。

ですが子供の実力を考えて、勉強スケジュールを立てることも必要になります。

中学受験 偏差値40からの合格時間割作戦 改訂3版 (YELL books)

中学受験 偏差値40からの合格時間割作戦 改訂3版 (YELL books)

苦手教科を克服して偏差値を上げる戦略

苦手教科を克服する場合、まずはその原因を突き止めることが必要です。

多くの子供の場合、勉強の基礎ができておらず中学受験以前の話になっていることが多いです。

もし学校のテストで、8割以上取れていなければ基礎ができていません。

その場合は、まずは家庭教師などを使って基礎を徹底的に勉強しましょう。

基礎ができていれば、偏差値を上げるための土台を作ることができます。

ここを飛ばして中学受験対策をすると、全く偏差値が伸びずにストレスが溜まります。

中学受験の勉強の基本は、現在の学力に見合った勉強をすることになります。

焦って難しいことから行うと、かえって挫折の原因になります。

急がば回れというように、地道に努力した方が結果が伴うことは良くあります。

中学受験の土台ができた後の勉強

小学校の勉強で8割以上取れるようになったら、中学受験の問題を解ける土台ができています。

もちろん小学校のテストで8割以上でも、中学受験の偏差値が40台というのは良くあります。

ですが基礎があっての偏差値40と、基礎が無い場合の偏差値40では意味が違います。

基礎力がついたら、そこから中学受験の勉強を開始しましょう。

中学受験の問題は難しいイメージがありますが、それは一部の難関中学だけです。

一般的な中高一貫校や私立は、そこまで難易度の高い問題は出題されません。

ですが小学校の問題に比べると、かなり難しいと感じてしまうでしょう。

これを克服するためには、中学受験の問題に慣れることが必要です。

問題に慣れてくると、少しずつですが確実に偏差値が上がってきます。

個人差はありますが、半年くらい経った頃から偏差値が上がります。

これは小学4年からでも、小学6年からでも同じことが起こります。

基礎力がついたら、どんどん中学受験の問題にチャレンジして下さい。

中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子<br>6年生で必ず成績の上がる学び方7つのルール (地球の歩き方Books)

中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子
6年生で必ず成績の上がる学び方7つのルール (地球の歩き方Books)

中学受験は偏差値ばかり見てはいけない

中学受験で偏差値は非常に重要ですが、偏差値ばかりに捉われると合格を逃してしまいます。

先ほどから述べているように、偏差値は受験が近づくにつれて伸びる子供が多いからです。

最初は眼中にない子供でも、中学受験間近に一気に伸びることも良くあります。

偏差値はあくまで基準なので、そこまで過信しないように注意しましょう。

もちろん模試などで、合格の基準になるのは間違いありません。

ですが偏差値は絶対ではないということも、覚えておくことが重要です。

中学受験‐偏差値ではなく「合格力」で決まる!―鉄人の志望校別攻略法

中学受験‐偏差値ではなく「合格力」で決まる!―鉄人の志望校別攻略法

偏差値ばかりを気にして、最終的に中学受験に失敗した子供はかなり多いです。

勉強法を間違えなければ、中学受験の偏差値は必ず上げることができます。

上がらないと悩まず、焦らず地道に努力して勉強を続けましょう。

成績を上げるおすすめのオンライン講座

中学受験は、塾や家庭教師を使って勉強している家庭がほとんどです。知らないことも多い中学受験は、受験のプロに頼ることも当然重要な選択肢になります。ただし注意してほしいことに、塾や家庭教師だけで満足しないことがあります。

偏差値が高い子供は、基本的に自発的に机に向かって勉強をします。塾や家庭教師以外の時間でも勉強しているので、勉強しない子供よりも成績を上げる土台ができているのです。逆に塾や家庭教師に満足して、自宅で勉強しない子供はなかなか偏差値があがりません。

中学受験などの受験勉強は、この家庭での学習時間が合否の分かれ目になると言ってよいでしょう。塾や家庭教師を使っているがなかなか偏差値が上がらないと思ったら、家庭できちんと学習しているかチェックしてみましょう。もしかしたら机に向ってはいるけれども、集中していない可能性もあります。

ここで怒鳴ったり、無理やり勉強させる親もいますが、全ての子供がこの方法で勉強するとは限りません。むしろ勉強が嫌いになるのが普通でしょう。子供の成績が伸びるのは、勉強を楽しいと思って自発的に勉強するようになってからです。

偏差値が高い子供のほとんどが、勉強が楽しくて自分からどんどん学びたいと言っています。これは良い教師や教材と出会っているケースが多く、逆に勉強が嫌いな子供はあまり良い環境にいないと言えるでしょう。

なかなか偏差値が上がらない子供は、一流講師の授業を一度受けてみて下さい。聞くだけでも勉強が楽しいと思えるようになり、自発的に勉強する手助けになってくれます。ですが普通は一流の講師なんて近くにいません。東京などの都会に行かなければ、昔は良い講師の授業など受けることはできませんでした。

ですが現在はインターネットが普及したので、そういった一流の講師授業もオンラインで受けることができるようになりました。PCやタブレットがあれば、受験のプロの授業を自宅で聞くことができるのです。Z会の通信教育やリクルートの勉強サプリは、中学受験に必要な基礎知識を身につけられる授業が取り揃っています。

特に勉強サプリは豪華な講師陣で話題となり、中学受験でも利用している家庭が増えています。その口コミから受験の必須教材とまで言われるようになりました。勉強嫌いの子供もやる気をだした!などの体験談も多く、中学受験で利用している人も増えています。

勉強サプリには基礎編と応用編があり、中学受験の基礎を身につける場合は基礎編から始めると良いでしょう。本格的に中学受験の勉強をする場合は、応用編を勉強すると偏差値アップにつなげることができます。中学受験の偏差値を上げるために、勉強サプリも塾や家庭教師と併用してください。