中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の夏休みに家庭教師で偏差値を上げる勉強法

スポンサーリンク

中学受験の夏休みは、まとまった勉強時間を取れるので偏差値を上げるチャンスです。

ここで大きく偏差値を上げるために、家庭教師を使うのは一つの戦術になります。

多くの家庭では夏休みの勉強としては、塾の夏期講習が一般的でしょう。

 

ですが家庭教師を利用すると、ここまで大きく偏差値が上がるといった事例もあります。

もちろん全ての子供が、家庭教師を使うべきとは言いません。

しかし成績が伸び悩んでいる子供などは、家庭教師は大きなアドバンテージをもたらしてくれます。

中学受験の夏休みの勉強法

中学受験の夏休みの勉強法で重要なことは、偏差値が低い教科を重点的に補習することです。

夏に苦手な教科を克服できると、その後の偏差値の伸びがかなり大きくなります。

夏休み後に成績が上がる子供の多くは、苦手な教科を克服する勉強をしたからです。

 

もともと成績が良い子供は、点数が大きく上がることはありません。

なぜなら95点を100点にするのは、限りなく難しいからです。

ですが50点を80点にするのは、夏休みの努力次第で可能です。

 

中学受験の勉強で成績を上げたいのならば、夏休みの勉強法に工夫を入れましょう。

ではどんな工夫をすると良いかというと、家庭教師が最もお勧めです。

 

夏休みだけの家庭教師のメリット

家庭教師で勉強するのは、お互いの信頼関係が大事になります。

そのため夏休みだけの短期間では、その重要な信頼関係を築く時間がありません。

ですが家庭教師は夏休みのみの、短期で行えるセンターも多いです。

 

苦手科目の克服などに、短期間に家庭教師を利用するのは効果的です。

長期的には信頼関係が必要ですが、苦手科目の克服だけならばマンツーマンで丁寧に教えてもらえれば信頼関係はそこまで必要ありません。

もしそこで子供が家庭教師を気に入れば、そのまま続けるのも一つの選択です。

 

家庭教師は家に来てもらえるので、勉強時間を有効に使えます。

塾への移動などのストレスもなく、勉強に集中できるのです。

中学受験は時間との勝負もあるので、そういったメリットも家庭教師にはあります。

 

夏休みに偏差値を上げるには

ただし家庭教師を利用しただけで、そんなに簡単に成績は上がりません。

家庭教師で苦手科目を勉強したら、復習を徹底的にやりましょう。

勉強の基本は復習して覚えることなので、これだけは忘れず行ってください。

 

こういった地道な作業をこなせる子供が、夏休みに一気に偏差値を上げるのです。

逆に前ばかり見て復習を怠ると、塾に行っても成績は上がりません。

夏休みのまとまった時間で、中学受験の偏差値を上げるには復習は必要不可欠の勉強になります。