中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

小学生の算数が解けないと中学受験の算数も解けない理由

スポンサーリンク

小学生で習う算数より、中学受験で習う算数の方が遥かに難しいです。

それは単純に問題の難易度が高いこともありますが、それ以上に中学受験の算数は考える力も必要だからです。

そのため中学受験で算数の勉強をするときに、受験用の問題ばかりする家庭もあります。

 

しかしこの勉強法で成果を出せるのは、あくまで算数が得意な子供だけです。

一般的に小学生で苦手な教科を聞くと、算数という答えが圧倒的に多いです。

そんな算数が苦手な状態で、中学受験の算数に挑んではいけません。

しっかりとした手順を踏んで勉強することが、中学受験の算数攻略のポイントになります。

 

小学生の算数は6年間で繋がっている

小学生の算数は、計算や文章問題、図形など様々な分野があります。

しかしこれらはそれぞれ別物ではなく、密接に繋がっているのです。

高度な問題を解くためには、過去に勉強した内容を把握している必要があります。

 

算数が苦手な小学生の多くは、実は過去に習った内容を忘れています。

できない単元を一つ一つクリアしていくことで、算数の実力は底上げされるのです。

多くの子供は、小学4年生の算数が単純な計算ではなくなるので苦手意識を持ってしまいます。

 

この時期から苦手意識を持つと、同じような問題を少し難しくした小学5年や6年の問題が解けなくなります。

苦手な分野がどこなのかを把握すれば、算数も必ず成績を上げることができます。

 

中学受験の算数も基本的な考え方は同じ

中学受験の算数は、確かに小学生のレベルで解くのは難しいです。

ですが算数の基本的な考え方は、中学受験でも同じになります。

ただ普通の小学生では見慣れないため、初見で解くのが難しいのです。

 

そのため塾などに通って中学受験の算数対策をすると、少しずつ解けるようになってきます。

算数は考え方がわかれば、応用問題でも解けるようになります。

テストで数パーセントの子供しか解けない問題は、1題位しか出題されません。

 

しっかりと基礎力を固めておけば、中学受験の算数を解く土台ができます。

逆に土台がなければ、どんなに対策をしても正解することができません。

 

中学受験の算数は、どうしても難しい問題を解けるように努力します。

しかし足元を見て、自分の実力に合った勉強をすることも大事になります。