中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験で合格率を上げるための考え方

スポンサーリンク

中学受験は、過去問を勉強することが非常に重要と言われています。

その理由は2つあり、それを理解すれば中学受験でも必ず成績を上げることができます。

難しそうに思われるかもしれませんが、この勉強法をするだけで成績にかなり差がです。

 

1.中学受験は志望校の問題が解ければよい

一部の天才と言われる子供を除き、全ての問題で高得点を取れる子供はいません。

ほとんどの子供は、ギリギリの状態で中学受験の勉強をしています。

ですがそこで合否に差が出ているのは、志望校の入試で点数が良かったからになります。

 

模試や普段の成績で良くても、中学受験入試で点数が低ければそれで不合格になります。

逆を言えば、受験問題さえ解ければ合格率が確実に上がるのです。

そのため志望校の問題に絞って勉強した子供の方が、合格率は高くなります。

 

中学受験の問題は、学校によって傾向と対策が全く異なります。

算数にしても、計算重視の学校や文章問題重視の学校と問題傾向が異なります。

それに合わせた勉強をすれば、確実に合格に近づけるのです。

 

成績がある程度良くても落ちる子供は、全てを完璧にしようと勉強します。

ですが中学受験では、そういったオールマイティな子供ほど1点2点で落ちてしまうケースがあるのです。

どちらかと言えば、志望校に特化した勉強をした子供の方が得点が高くなります。

 

2.中学受験は本命に絞った勉強をすべき

志望校の選び方は、本命と滑り止めが一般的です。

ですが本命と滑り止めの出題傾向が同じとうことは、正直なところあまりないと思います。

つまり子供は、2つ以上の志望校対策の勉強をする必要があります。

 

2つのことを同時に覚えるより、1つのことに集中した方が当然効率が良くなります。

これは勉強でも同様で、中学受験のように範囲が広くなるほど顕著になります。

 

中学受験では特化型の勉強の方が効率が良くなるので、志望校に的を絞った勉強をした方が有利になります。

もちろんしっかりと準備をして、滑り止め対策もできる余裕がある方が望ましいです。

ですが現実的に、2つの対策ができるのはかなり難しいと思います。

 

塾などでも、本命に特化した勉強中心になると思います。

滑り止めはどうしても手薄になるので、下手すると全て失敗する可能性があるのです。

 

中学受験に合格するためには、なるべく志望校に力を注ぐことが一番です。

もし志望校の偏差値が高すぎたら、そこは考え直すことも選択の一つになります。

絶対にどこかに合格させたいなら、本命は確実に合格できるレベルを選ぶのもテクニックになります。