中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の社会はどこから勉強すべきか

スポンサーリンク

中学受験の社会は、国語や算数に比べて勉強が手薄になることが多い教科です。

しかし社会は確実に得点しやすい教科で、勉強している受験生ほど合格率が上がっています。

逆に算数などに時間をかけすぎて、社会の勉強時間を減らすのは勿体ないです。

 

中学受験の社会は小学4年から勉強すべき

中学受験の社会は、小学4年生の内容から勉強することをお勧めします。

それ以前の社会科は、中学受験には出題されにくい内容が多いからです。

大きく学力に差が出るのも、小学4年から社会を勉強していたかの違いになります。

 

ただし小学校で習う内容だけを集中しても、なかなか成果が出ません。

しっかりと中学受験対策を意識した勉強をすることが、社会で結果を残す最短の勉強法になります。

社会は決して難しい教科ではないですが、知識量がなければ得点することが難しいです。

 

特に最近の中学受験では、知識量にプラスして思考力を問う傾向が強くなっています。

ただ覚えるだけではなく、その背景なども一緒に考える力をつけましょう。

論理的な思考力が必要なのは、算数だけではなく社会も同様です。

 

中学受験の社会の勉強時間

中学受験で社会の勉強時間は、1時間でも毎日行うと効果的です。

知識は時間に比例して増えていくので、毎日少しずつでも覚えましょう。

社会の勉強のポイントは、圧倒的に復習量になります。

 

社会科で得点できない子供は、基本的に覚えたことが定着していません。

逆に得点できている子供は、しっかりと勉強したことを覚えています。

この差は個人的な頭の良さではなく、復習の違いにあります。

 

しっかりと覚えるまで復習すれば、誰にでも暗記する力はあるのです。

1回で覚えられないと不安になるでしょうが、ほとんどの人は1回で覚えられません。

何度も復習している子供だけが、中学受験で勝ち残るのです。

 

これは社会だけではなく、他の教科でも同じことが言えます。

ただし社会は、その違いが特に顕著に表れる教科になるのです。

得意不得意の差は、勉強時間の差になっていると言えるでしょう。

 

社会は算数や国語に比べて、短期間でも成果が出やすい教科になります。

毎日勉強する癖をつけることで、確実に社会の点数を上げることができます。

あとは中学受験用の勉強をすることが、社会攻略のポイントになります。

 

志望校によっても傾向が異なるので、しっかりと社会も中学受験に合わせた対策をしましょう。