中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験で子供の学力は上がるが将来的なデメリットもある

スポンサーリンク

中学受験のメリットとして、子供の学力が上がることがあります。

小さい頃から勉強をしっかりと行うことで、普通の子供よりも頭が良くなる可能性が上がるからです。

では実際に中学受験を経験した子供は、そうでない子供に比べて学力が高くなっているのでしょうか。

 

中学受験と子供の学力

中学受験で上がる子供の学力としては、基本的には勉強の知識についてです。

特に算数などは、普通の小学生に比べて格段に難しい内容を勉強します。

その結果、論理的な考え方が身に付き頭が良くなっていくのです。

 

これは子供の学力という意味では、とても大きなメリットになります。

これから大学受験まで、数学のような理系分野に悩まされる子供が多いからです。

小さい頃から算数に強い子供は、基本的に学力が高くなる傾向にあります。

 

純粋に勉強ができる子供になれるというのは、中学受験を行う最大のメリットの一つでしょう。

しかし一方で、中学受験が及ぼすデメリットも忘れてはいけません。

子供の将来は学力の高さだけで決まるわけではないからです。

 

受験が及ぼす学力主義のデメリット

日本の受験は、基本的には学力の高さだけが評価基準になります。

そのため勉強ができる子供であれば、上位の学校に入ることができます。

良い学校に入ることは、当然将来のメリットになるでしょう。

 

しかし一方で、この受験勉強が将来のデメリットになることもあります。

それはコミュニケーション能力の低下で、かなり深刻な問題として扱われています。

 

受験戦争に勝ち上がった学生などは、かなり頭が良い子供が多いです。

しかし世の中に出てそのプライドから、普通の企業で上手く付き合えない人も増えています。

挫折をしらない子供ほど、この傾向が強くなります。

 

その結果として、高学歴ニートの増加といった社会現象まで引き起こされています。

現代の日本企業では、高学歴よりも世渡り上手な人の方が出世することができます。

 

そういった意味で子供の学力の高さだけに目を向けると、子供が将来失敗してしまう可能性が出てくるのです。

中学受験は、そういったことを失くすために面接なども実施しています。

しっかりと自分の考えをもって受験をしているかを、判断する材料にしているのです。

 

子供の将来を考える場合、学力だけに目を向けて中学受験をするのは危険です。

しっかりと人と話ができる子供は、学力以上に評価される要素になります。

 

こればかりは勉強では身につかない技術なので、普段の生活でコミュニケーションをとるようにしましょう。