中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の勉強時間と睡眠を上手に管理する方法

スポンサーリンク

中学受験は、受験日が近くなるほど睡眠時間を削って勉強をする必要があります。

夜12時まで勉強する家庭もあり、小学生にはかなり過酷な体験になります。

しかし無理をしすぎると、確実に体にも悪影響が及びます。

上手に勉強時間と睡眠を管理することも、中学受験合格の鍵になるのです。

中学受験に必要な勉強時間

中学受験に必要な勉強時間は、志望校の偏差値が高いほど多くなります。

特に難関中学を目指す場合、最低でも1日5時間以上の勉強が必要になるでしょう。

中高一貫校でも、1日3時間以上勉強することが一般的です。

 

もちろんこの数字は最低ラインで、それ以上勉強している家庭も多いです。

どれだけ勉強して成績が上がっても、中学受験が終わるまでは不安で勉強時間を減らすことができる家庭は少ないです。

特に土日は、朝から深夜まで勉強することも普通になっています。

 

睡眠時間をどれだけ削るのか

小学生の体力や集中力を考えると、1日8時間は最低でも睡眠をしたいところです。

頭がスッキリすれば、勉強の集中力も上がり効率的になります。

ですが中学受験では、どれだけ睡眠時間を削るかも話題になることです。

 

実際に夜12時に寝たとして、朝7時に起きたら7時間しか寝ていません。

これでは小学生の体力が持たず、受験前に体を壊してしまいます。

特に受験勉強中は、精神的にもかなりきついので睡眠が安定剤としての役割を果たします。

 

最低でも夜11時には寝るようにして、8時間は睡眠をとることを心がけましょう。

一番やってはいけないことは、夜型の人間になることです。

夜2時まで勉強しても、朝10時に起きては能率が悪くなるからです。

 

勉強時間の管理はゴールを決めること

正直な話をすると、勉強時間を増やせば成績が上がるわけではありません。

時間を増やすことで、それだけ勉強しているという安心に繋がるだけです。

実際に勉強時間が少なくても、効率的に勉強すれば成績は上がります。

 

特に目標もなく時間だけを考えて勉強すると、集中力が下がってしまいます。

1日10時間ではなく、今日はここまで終わらせるというスタンスの方がよいでしょう。

 

目標を立てることで、子供も勉強のやる気が出て集中力が上がります。

その時に何時までにこれを終わらせるなども決めると、より効率的に勉強ができます。

時間配分も意識した勉強をした方が、成績は上がりやすいです。

 

中学受験では、どうしても勉強時間ばかりに目が行ってしまいます。

しかし効率的な勉強には、睡眠時間も重要な要素になります。

しっかりと睡眠をとれる勉強法で管理することも、中学受験合格の鍵になるのです。