中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の算数の実力を上げるコツ

スポンサーリンク

中学受験の算数は、計算が速いほど有利になります。

特に暗算ができる子供ほど、算数の問題を速く解ける傾向にあります。

暗算が苦手な子供は、中学受験の算数で成績が伸び悩むこともあります。

 

算数の基礎は、計算のスピードと正確性になります。

ミスが少なく速く計算できる子供ほど、算数で高得点をとりやすくなります。

ではどういった勉強法で、計算のスピードを上げることが出来るのでしょうか。

算数の計算は暗算中心に解答すること

算数は、基本的には計算を紙に書いていくことが一般的です。

問題用紙などに、丁寧に一つ一つの計算を書く子供は多いです。

ですが算数ができる子供は、この作業を簡潔にしています。

 

できるだけ暗算をして、紙に書くことを避けるのです。

丁寧に計算するという手順を省くことで、計算のスピードを上げているのです。

特に中学受験では、この計算方法が非常に効果的になります。

 

中学受験の算数は、かなり複雑な計算問題も出題されます。

また図形や文章問題でも、何度も計算する必要がある問題が出題されます。

こうした問題を丁寧に解くと、間違いなく時間が足りなくなるのです。

 

算数ができる子供は、そういった手間を省くことで中学受験に対応しています。

実際に正解率が高い子供は、暗算を多く使って問題を解いています。

どうしても不安な箇所だけ、紙に書いて確認しているのです。

 

中学受験の算数は量から質の勉強法が効果的

中学受験の算数は、塾などでは尋常ではない量の宿題が出されます。

確かに中学受験では、数多くの問題を解くことが成績を上げる手段です。

しかし単純に量をこなすだけでは、算数の実力を上げることはできません。

 

量をこなす勉強法は、算数の解法をマスターするまでになります。

図形や文章問題などの、問題を解くコツを掴むまでは多くの問題を解きましょう。

解法のパターンを理解したら、次は質の高い勉強をするのです。

 

質の高い勉強は、正解率を上げる算数の勉強法になります。

中学受験では、途中まで正解しても答えが違うと間違いになります。

解法がわかっても、詰めが甘い子供はこれが原因で不合格になってしまいます。

 

算数の解法が身についたら、後は量を減らして正解率を上げる勉強に変えましょう。

この段階では量をこなすよりも、一つの問題に集中して勉強するのです。

絶対に間違えないという気持ちで勉強することで、ミスも少なくなります。

 

特に追い込み時期には、この勉強法で算数の対策をしましょう。

最終局面では、一つのミスが命取りになります。

算数の実力が高い子供は、ミスが少ないという特徴があります。