中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の算数は暗算ができると成績が上がりやすくなる

スポンサーリンク

中学受験の算数は、暗算が得意なほど成績が上がりやすくなります。

実際に上位中学に合格している子供の多くは、暗算が非常に早いです。

暗算が得意だと、なぜ中学合格に繋がるのでしょうか。

 

その理由は簡単で、算数の勉強時間をより多く確保することができるからです。

中学受験は時間との勝負でもあるので、無駄のない勉強が必要です。

特に算数は、より多くの問題を解いて経験を増やすことが重要な教科です。

暗算ができると算数の勉強時間が効率良くなる

算数で時間がかかることに、以下の2つのことがあります。

 

  1. 問題を解く手順を考える
  2. 正解を導く計算をする

 

問題を解く手順は、いわゆる解法などを使った算数の解き方です。

算数は計算以外にも、文章問題や図形といった考える問題が多いです。

これらの問題は、手順を踏んで正解を導くため時間がかかります。

 

もう一つは、1の手順がわかったらその答えを出す計算をすることです。

文章問題や図形の計算は、解法がわかっただけでは答えは出せません。

計算を間違えずに行うことで、始めて答えにたどり着くのです。

 

この2つが、算数の問題一つ解くにも時間がかかる理由になります。

逆を言えば、この手順を速くできるほど算数の勉強時間が短縮できます

しかし1の解法については、簡単に早くできるものではありません。

 

そうなると2の計算を早くすることが、算数を効率よく勉強するポイントなのです。

中学受験の算数も解法がわかれば、基本的には四則計算で解ける問題ばかりです。

そのため暗算が得意な子供ほど、算数を解くスピードが早くなります。

 

算数の暗算を早くする勉強法

算数の暗算を早くするには、以下の勉強法が効果的です。

 

  • 算数ドリルを使う
  • ネットやアプリで暗算を鍛える

 

算数ドリルで暗算を鍛える勉強法

算数ドリルは、本屋などで売っている計算問題の問題集になります。

子供の計算勉強に使われる教材で、中学受験で使う家庭は少ないです。

しかし暗算を鍛える目的では、算数ドリルは非常に効果的です。

 

算数ドリルは、最初にスケジュールを立てて実践しましょう。

1日の課題を決めて進めることで、効率よく暗算を覚えられます。

小学3年くらいまでに、暗算ドリルでしっかりと勉強しておきましょう。

 

無理のない範囲で進めれば、楽しく算数を勉強できます。

中学受験の前段階として、算数ドリルは非常に役に立ちます。

 

ネットやアプリで暗算を鍛える

インターネットの時代になり、暗算もネットで簡単にできるようになりました。

特に最近では、スマホアプリで暗算を勉強することも出来ます。

ゲーム感覚での勉強は、楽しく学べるので非常にお勧めです。

 

特に暗算のように瞬発力が必要な勉強は、アプリなどはとても効果的です。

疲れていてもできることなので、暇な時間を見つけてどんどん暗算を練習しましょう。

こちらのサイトは、小学生の算数の勉強におすすめです。