中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験算数は勉強計画で成績が変わる

スポンサーリンク

中学受験は国高算低と言われるように、算数の成績が低い傾向があります。

そのため早期から、中学受験の算数だけ対策している家庭も多いです。

早いスタートほど有利な算数ですが、どういった計画が良いのでしょうか。

 

個人差もあるので答えはありませんが、ある程度の目安になる計画はあります。

中学受験を視野に入れているのであれば、算数の勉強計画は最初に考えましょう

勉強法次第で、算数は着実に成績を上げることができます。

中学受験算数の勉強はいつから開始すべきか

中学受験の算数は、一般的には小学4年生からと言われています。

多くの受験生は、小学4年から初めて中学受験に合格しています。

しかし同じ4年から始めても、算数が苦手で失敗する子供も多いです。

 

同じ時期に勉強を開始して、どうして算数の成績が変わるのでしょうか。

これは開始した時期の基礎学力に、大きな違いがあるからだと言えます。

合格できる子供とできない子供では、算数の基礎の定着率が違うのです。

 

算数は計算力で勉強法が変わる

算数の勉強で重要なことは、計算力があるかになります。

中学受験の算数は、計算力が高い子供の方が圧倒的に有利になります。

計算ができるかが、勉強計画を考える分かれ目と言えます。

 

計算は分数や小数点などを含んだ、一般的な四則計算になります。

この算数の基礎である計算が苦手な場合、中学受験の算数は厳しくなります。

そのため計算によって、算数の勉強法を考えるようにしてください。

 

小学3年までに計算をマスターすること

中学受験を意識しているのならば、小学3年までに計算をマスターしましょう。

一般的に中学受験の問題を意識するのは、小学4年からになります。

そういった意味では、小学4年から中学受験算数の対策をするのは正しいです。

 

しかし実際には、小学4年の時点で計算ができていることが前提になります。

計算ができないと、中学受験の算数は解けない問題がほとんどだからです。

もし小学4年の時点で計算が苦手なら、早いうちに計算を克服しましょう。

 

小学生の低学年でしたが、公文やそろばん教室に通う子供も多いです。

これらは計算のトレーニングに最適で、中学受験を目指す多くの子供が通っています。

3年まで公文やそろばんで、4年から塾に行くなども王道のパターンになっています。

 

小学4年から中学受験算数を意識した勉強をする

小学4年からは、中学受験の算数の対策を始めます。

ここからは小学校とは算数のレベルが変わるので、早いスタートが重要です。

勉強法としては、学習塾と独学のどちらかが一般的です。

 

一昔前であれば、独学でも中学受験に合格できる子供は多かったです。

しかし最近は、ほとんどの家庭で中学受験対策として塾を利用しています。

特に算数は、塾を使うことで志望校対策もでき有利になります。

 

中学受験で合格を目指すのであれば、算数攻略に塾は利用すべきです。

早い段階から算数の勉強計画を立てることで、中学受験合格率が上がります。

算数の成績は、中学受験の合否に大きく影響するからです。

 

中学受験の算数は、一筋縄ではいかない問題が多くなりました。

しっかりと勉強計画を立て、算数でライバルに差をつけましょう。