中学受験は夏の準備でその後に差が出る

スポンサードリンク

中学受験で重要なことに、夏にどのように過ごすかということがあります。

もちろん夏期講習などに行くことは一般的ですが、それだけではライバルに差をつけることはできません。

しっかりと夏に向けて準備した家庭が、中学受験を突破することができるのです。

小学5年生以下の中学受験夏の準備

夏に必死になるのは、小学6年生のイメージが強いと思います。

確かに1日中勉強するのは6年でしょうが、5年生以下もしっかりと準備することは必要です。

この時期に中学受験を意識しておかなければ、来年大変つらい思いをするでしょう。

小学5年以下が夏に準備することは、勉強を生活の一部にすることです。

夏休みになると、どうしても周りの子供が遊び自分も遊びたくなります。

もちろん息抜きは重要ですが、息抜きのために勉強しては中学受験は突破できません。

小学5年以下がすべきことは、生活リズムに勉強も入れることです。

1日1~2時間、同じ時間に勉強をするリズムを作りましょう。

そうすることで勉強が習慣化され、翌年以降もスムーズに勉強ができるようになります。

ここで勉強の癖をつけないと、中学受験で闘っていくことができません。

大変な時期ですが、必ず1時間は勉強する癖をつけてください。

小学6年生が夏にすべき中学受験の準備

小学6年生の場合、夏になったらあと半年もすれば中学受験です。

この時期は追い込み前の最後のまとまった勉強時間がとれる、貴重な休み期間になるのです。

ここで重要なことは、6年生の夏で自分のレベルを知ることです。

もし基礎力が足りなければ、この時期が最後の基礎固めの時間になります。

夏以降は、本番に向けた模試や応用問題を解くための時間になります。

夏までであれば、基礎を学ぶ時間が残されているのです。

まずは自分の学力を知り、それによって勉強法を考えましょう。

基礎力がある場合は、過去問や問題集で中学受験対策を徹底的に行いましょう。

問題は数多く解くことで、解法の経験値を積むことができるからです。

夏にどれだけ勉強するかが、中学受験合格の鍵となります。

小学6年生の最後の夏休みは、中学受験に注ぐ気持ちが必要になるのです。

小学生には大変なことですが、ここを乗り切らないと中学受験に合格できません。

夏休みの塾の活用方法

恐らくほとんどの家庭で、夏は塾の夏期講習を利用すると思います。

確かに夏期講習は重要ですが、それ以外にもう一つ活用すべきことがあるのです。

それは色々な塾の模試を受けることで、これをすることで学力が変わってきます。

模試については、こちらの記事を参考にして下さい。

juexam.hatenablog.com

模試を利用することで、確実に中学受験攻略に繋がってきます。

この時期から受験の空気に慣れることが、本番で緊張しない秘訣になるのです。

中学受験は夏の準備で、合格率に大きな差が出てくる時期になります。

しっかりと準備をして、万全の状態で臨むようにしましょう。

成績を上げるおすすめのオンライン講座

中学受験は、塾や家庭教師を使って勉強している家庭がほとんどです。知らないことも多い中学受験は、受験のプロに頼ることも当然重要な選択肢になります。ただし注意してほしいことに、塾や家庭教師だけで満足しないことがあります。

偏差値が高い子供は、基本的に自発的に机に向かって勉強をします。塾や家庭教師以外の時間でも勉強しているので、勉強しない子供よりも成績を上げる土台ができているのです。逆に塾や家庭教師に満足して、自宅で勉強しない子供はなかなか偏差値があがりません。

中学受験などの受験勉強は、この家庭での学習時間が合否の分かれ目になると言ってよいでしょう。塾や家庭教師を使っているがなかなか偏差値が上がらないと思ったら、家庭できちんと学習しているかチェックしてみましょう。もしかしたら机に向ってはいるけれども、集中していない可能性もあります。

ここで怒鳴ったり、無理やり勉強させる親もいますが、全ての子供がこの方法で勉強するとは限りません。むしろ勉強が嫌いになるのが普通でしょう。子供の成績が伸びるのは、勉強を楽しいと思って自発的に勉強するようになってからです。

偏差値が高い子供のほとんどが、勉強が楽しくて自分からどんどん学びたいと言っています。これは良い教師や教材と出会っているケースが多く、逆に勉強が嫌いな子供はあまり良い環境にいないと言えるでしょう。

なかなか偏差値が上がらない子供は、一流講師の授業を一度受けてみて下さい。聞くだけでも勉強が楽しいと思えるようになり、自発的に勉強する手助けになってくれます。ですが普通は一流の講師なんて近くにいません。東京などの都会に行かなければ、昔は良い講師の授業など受けることはできませんでした。

ですが現在はインターネットが普及したので、そういった一流の講師授業もオンラインで受けることができるようになりました。PCやタブレットがあれば、受験のプロの授業を自宅で聞くことができるのです。Z会の通信教育やリクルートの勉強サプリは、中学受験に必要な基礎知識を身につけられる授業が取り揃っています。

特に勉強サプリは豪華な講師陣で話題となり、中学受験でも利用している家庭が増えています。その口コミから受験の必須教材とまで言われるようになりました。勉強嫌いの子供もやる気をだした!などの体験談も多く、中学受験で利用している人も増えています。

勉強サプリには基礎編と応用編があり、中学受験の基礎を身につける場合は基礎編から始めると良いでしょう。本格的に中学受験の勉強をする場合は、応用編を勉強すると偏差値アップにつなげることができます。中学受験の偏差値を上げるために、勉強サプリも塾や家庭教師と併用してください。