中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の過去問はプレッシャーを高くして勉強すること

スポンサーリンク

中学受験で過去問を勉強する場合、プレッシャーに打ち勝つ勉強法がポイントになります。

過去問の勉強で実際の試験と同じようにしていると、本番で思わぬ苦戦をする可能性があります。

過去問を使うときは、本番以上のプレッシャーを与えておくことあ重要です。

勉強法は難しくなく、必ず実践してほしいポイントになります。

 

過去問の時間は本番よりも短くすること

過去問題に挑戦するとき、本番の試験と同じ時間にするのが一般的です。

確かに同じ状況で試験をするのは、本番対策としては良いでしょう。

しかしもう一歩踏み出すことで、更に大きな効果を得ることができます。

 

それは過去問を本番よりも短い時間で解くことです。

プレッシャーを本番以上にすることは、かなり効果的な勉強法になります。

実際の中学受験でも、本番は緊張して時間が短く感じられます。

 

そういった緊張感は、本番以外では味わうことができません。

そのため時間を短縮させて、あえて疑似的な試験を本番に近づけるのです。

この過去問の勉強法に慣れると、本番の中学受験でも落ち着いて解くことができます。

 

過去問の正解率と本当の実力

過去問を使った注意点としては、過去問の正解率に過信しないことです。

過去問は何回か挑戦するうちに、徐々に解けるようになってきます。

また最近の問題集は、過去問を似せた問題が多いので本番よりも点数が取りやすくなります。

 

そのため過去問で高い点数が取れても、本番で点数が取れないことはよくあります。

これは過去問で高得点を取得したことに、自分を過信してしまったことが原因です。

過去問はあくまで問題集の一つという意識を持つことが、中学受験の対策では重要になります。

 

過去問は中学受験で本当に必要なのか

最近の中学受験は、過去問と傾向が異なる学校も増えてきています。

思考力を問う問題の出題も多く、過去問対策が役に立たないこともあるのです。

だからといって過去問をするなということではありません。

 

過去問を解くことで、知識を増やすことはできます。

その知識を使った応用問題などが出題されることもあるので、過去問は絶対に解いておきましょう。

どこで過去問が役立つかなど、誰にもわからないものです。

 

一つでも多くの知識を得ることが、中学受験合格にはひつようになります。

過去問題はそういった意味では、かなり役立つ問題集と言えるでしょう。

もしかしたら他の中学受験で、過去問が役立つと言うこともあり得るからです。