中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験で個別指導塾はこのタイミングで利用すべき

スポンサーリンク

中学受験で個別指導塾を使う場合、そのタイミングが重要になります。

個別指導塾の選び方で失敗すると、中学受験の合否に大きく影響します。

最近では多くの家庭で個別指導塾を利用していますが、成果が出ないと言っている家庭も実は多いです。

 

中学受験は個別指導だけで乗り切れる

中学受験は一般的には進学塾に通うイメージですが、最近は個別指導塾だけで対策している家庭も多いです。

個別指導は苦手教科対策というイメージは、もはや過去のものになっています。

実際に個別指導だけで、中学受験に合格している家庭は増えてきています。

 

もちろん個別指導塾を利用すれば、絶対に中学受験に合格できるわけではありません。

しかし良い教師に出会うことで、確実に実力を上げることができます。

特に1対1の個別指導は、先生を独り占めできる時間が圧倒的に長いので有利です。

 

個別指導塾の大きなメリット

受験で重要な事は、勉強時間の効率的な確保になります。

そういった意味では集団指導塾は、周りと合わせるため効率的とは言えません。

個別指導塾であれば、時間配分は自分の自由にできるのです。

 

集団指導ではできない、解ける問題は飛ばして次へ進むといったことができます。

また対策したい教科だけを重点的に行うなど、アレンジは自分次第です。

ただし良い個別指導塾では、生徒の成績によって勉強法を考案してくれます。

それに沿って勉強した方が、効率的な中学受験対策になるでしょう。

 

中学受験で個別指導塾を利用するタイミング

中学受験で個別指導塾を使う場合、タイミングが大事になります。

なぜなら良い教師は、早くに他の生徒についてしまうからです。

一度担当になると、受験までずっとその生徒を教えることになります。

 

小学6年の夏以降などは、正直なところ良い先生はほとんどいないでしょう。

なるべく小学5年の後半から、小学6年の最初の頃に良い先生を見つけましょう。

ただし小学4年の場合、逆にあまり経験豊富でない先生になる可能性もあります。

早すぎる個別指導塾もデメリットになる可能性があります。

 

個別指導塾の講師は気軽に相談できる心強い見方

中学受験は、子供に大きなストレスがかかるイベントになります。

個別指導塾の良いところは、そういったストレスを先生が緩和してくれることにあります。

しっかりとフォローをしてくれるので、家庭の悩みにも対応してくれます。

 

受験で実力を発揮するには、精神面が安定していることも重要です。

そういった意味で、自分だけの先生というのは非常に心強いものです。

個別指導塾が人気なのは、そういった理由も大きいのでしょう。