中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験算数は予習と復習のやり方で成績が上がる

スポンサーリンク

中学受験算数で、予習と復習は成績を上げるために必要になります。

しかしただ勉強するだけでは、効率よく成績を上げることができません。

予習と復習もやり方次第で、算数の成績を飛躍的に上げられます。

 

算数の予習を効率的に行う勉強法

算数の予習をする場合、基本的には初めて勉強する内容になります。

そのため解けない問題も多く、かなり苦しむことでしょう。

ここでポイントとなる事は、解けない問題で何がわからないのかを明確にすることです。

 

予習した内容でわからないことは、塾で必ず質問することが大事です。

しかしそれを放置してしまうと、わからないまま進んでしまいます。

算数が苦手な子供は、わからない問題を放置することが多いです。

 

もし塾で質問しにくい場合は、家庭教師をつけると効果的です。

1対1なら質問できる子供も多いので、そういった意味で家庭教師を予習用に利用するのはお勧めです。

基本的に予習した内容の確認を、塾で行うのが理想的な算数の勉強法です。

 

算数の効率的な復習方法

算数は予習以上に、復習が大事な教科と言えます。

復習で知識を定着させないと、中学受験の算数は解けません。

ですが時間が足りないと言う理由で、復習を疎かにする家庭もあります。

 

確かに全てを復習することは、効率的とは言えません。

算数で復習する場合、解けなかった問題だけを復習しましょう。

できない問題を復習することで、時間の効率かもできます。

 

ただし時間が過ぎると、できた問題も間違える可能性があります。

そういう場合は、何度も復習することで実力が上がります。

また全く問題が解けない子供は、時間がかかりますが全て復習しましょう。

 

反復練習を繰り返すことで、算数は確実に解けるようになります。

この苦しい時間を乗り越えた子供が、算数で成績を上げることができるのです。

逆にこの作業ができない子供が多いので、算数の成績は全体的に低い傾向にあります。

 

予習と復習をバランス良く勉強することで、中学受験の算数は確実に攻略できます。

もちろん満点を狙うのは難しいですが、確実に解ける問題は増えていきます。

たかだか数点でも、中学受験では合否を分ける差になるのです。