中学受験で勉強カリキュラムの理想は

スポンサードリンク

中学受験では、勉強時間との闘いも一つのポイントになります。

受験日までにどれだけ勉強できるかも、合格への鍵となるのです。

しかし一般的な中学受験の勉強カリキュラムの理想が、本当に最適であるとは言えません。

中学受験の一般的な勉強カリキュラム

雑誌や塾などでは、小学4年生から中学受験の勉強をするのが理想と言われています。

確かにこの時期から勉強をするのは、一つのポイントになる事は間違いありません。

ですがその後の勉強の進行は、志望校によって変わります。

多くの難関校では、小学5年までに全てのカリキュラムを終わらせることを推奨しています。

その理由は、小学6年の時には受験対策の勉強一本に絞りたいからです。

しかし全ての受験生が、難関中学を目指すわけではありません。

小学5年までに全ての勉強を終わられるのは、かなり難しい作業になります。

中堅私立や中高一貫校であれば、このカリキュラムでの勉強は厳しいでしょう。

途中でついていけなくなる可能性も高く、あまりお勧めはできません。

小学5年までに勉強を完了させるのは、難関中を目指す人と思っていて良いです。

その他の家庭は、しっかりと小学6年の夏までに終わらせることを目指しましょう。

夏以降になると、受験勉強が遅くなるのでそれはそれで厳しくなります。

中学受験の理想的な勉強カリキュラム

中学受験の勉強は、確実に一歩一歩進めることが理想形になります。

無理して先に進んでも、知識が定着させず逆効果になります。

余程の難関中を目指さなければ、小学6年の夏までに中学受験の範囲を勉強するようにしましょう。

そのスケジュールであれば、一般的な家庭であれば問題なく終わるレベルです。

逆にこのスケジュールに合わなければ、中学受験をもう少し意識すべきでしょう。

小学6年の夏が、一つの中学受験の勉強の目安になります。

これはあくまで理想ですが、ある程度現実味のある数字になります。

しっかりと意識して勉強をすることで、中学受験の対策は可能です。

成績を上げるおすすめのオンライン講座

中学受験は、塾や家庭教師を使って勉強している家庭がほとんどです。知らないことも多い中学受験は、受験のプロに頼ることも当然重要な選択肢になります。ただし注意してほしいことに、塾や家庭教師だけで満足しないことがあります。

偏差値が高い子供は、基本的に自発的に机に向かって勉強をします。塾や家庭教師以外の時間でも勉強しているので、勉強しない子供よりも成績を上げる土台ができているのです。逆に塾や家庭教師に満足して、自宅で勉強しない子供はなかなか偏差値があがりません。

中学受験などの受験勉強は、この家庭での学習時間が合否の分かれ目になると言ってよいでしょう。塾や家庭教師を使っているがなかなか偏差値が上がらないと思ったら、家庭できちんと学習しているかチェックしてみましょう。もしかしたら机に向ってはいるけれども、集中していない可能性もあります。

ここで怒鳴ったり、無理やり勉強させる親もいますが、全ての子供がこの方法で勉強するとは限りません。むしろ勉強が嫌いになるのが普通でしょう。子供の成績が伸びるのは、勉強を楽しいと思って自発的に勉強するようになってからです。

偏差値が高い子供のほとんどが、勉強が楽しくて自分からどんどん学びたいと言っています。これは良い教師や教材と出会っているケースが多く、逆に勉強が嫌いな子供はあまり良い環境にいないと言えるでしょう。

なかなか偏差値が上がらない子供は、一流講師の授業を一度受けてみて下さい。聞くだけでも勉強が楽しいと思えるようになり、自発的に勉強する手助けになってくれます。ですが普通は一流の講師なんて近くにいません。東京などの都会に行かなければ、昔は良い講師の授業など受けることはできませんでした。

ですが現在はインターネットが普及したので、そういった一流の講師授業もオンラインで受けることができるようになりました。PCやタブレットがあれば、受験のプロの授業を自宅で聞くことができるのです。Z会の通信教育やリクルートの勉強サプリは、中学受験に必要な基礎知識を身につけられる授業が取り揃っています。

特に勉強サプリは豪華な講師陣で話題となり、中学受験でも利用している家庭が増えています。その口コミから受験の必須教材とまで言われるようになりました。勉強嫌いの子供もやる気をだした!などの体験談も多く、中学受験で利用している人も増えています。

勉強サプリには基礎編と応用編があり、中学受験の基礎を身につける場合は基礎編から始めると良いでしょう。本格的に中学受験の勉強をする場合は、応用編を勉強すると偏差値アップにつなげることができます。中学受験の偏差値を上げるために、勉強サプリも塾や家庭教師と併用してください。