中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験を小学4年生から始めると良い理由

スポンサーリンク

中学受験の開始時期は、一般的に小学4年生からが良いと言われています。

確かに小学4年から始めれば、3年間はしっかりと中学受験の勉強ができます。

しかしこれは、あくまで一般的な考え方になります。

この条件が当てはまる子供は、実は少ないのが現状になります。

 

中学受験は小学4年時の実力が重要

中学受験で小学4年生から始めると良いのは、この時期から勉強が難しくなるからです。

小学3年生までは、基本的に簡単な内容の勉強がほとんどになります。

国語の漢字や、算数の計算などは普通に勉強すればできるようになります。

 

しかし実際には、小学生の時期は遊ぶことが中心になっています。

そのため簡単な学力さえも、きっちりとついていない子供も実は多いです。

そうなると小学4年生になってから、かなり勉強についていくのが難しくなります。

 

特に算数は、文章問題や図形など難易度の高い問題が多く出題されます。

小学生のレベルでしたらまだ簡単ですが、中学受験になると別格に難しくなります。

これらは小学3年までの基礎知識がしっかりとしていないと、解けない問題が多くなります。

 

小学4年生から中学受験の勉強を始めた方が良いと言うのは、この時期から勉強内容が難しくなるからです。

ただし小学3年までの内容ができていない子供は、しっかりと復習から始めてください。

このスタートラインで躓くと、高学年になるほど不利になります。

 

小学4年生から勉強に慣れておくメリット

中学受験は、小学生には過酷なほど勉強時間が必要になります。

1日3時間以上使う家庭も多く、慣れていないと集中力が持ちません。

そのため早い段階から、しっかりと勉強に慣れることが重要なのです。

 

小学4年生から勉強に慣れておくと、高学年になってから継続して勉強できます。

逆に小学6年から中学受験を始めると、勉強時間に慣れる頃には受験日になってしまいます。

この差はとても大きく、簡単に埋められるものではありません。

 

早い時期から勉強をするメリットは、長時間の勉強に慣れるという意味もあるのです。

中学受験は難易度ばかり話題になりますが、勉強時間に慣れることも重要です。