中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の算数勉強法は解説の使い方で伸びが変わる

スポンサーリンク

中学受験の算数で、なかなか成績が上がらない家庭はかなり多いです。

算数は簡単には成績を上げることができず、苦手意識を持つ子供もたくさんいます。

そのため算数が攻略できれば、中学受験ではかなり有利になるのです。

算数の成績を伸ばすための勉強法は、問題集の解説の使い方にポイントがあります。

 

算数は問題集の解説の理解度が重要

算数の答え合わせをする時、問題集の解説を読むのは必須になります。

しかし解説を読むだけでは、算数の成績を上げることはできません。

解説を理解できているかが、中学受験算数攻略の鍵になります。

 

ですが注意したいことに、解説を読むだけでは理解できないということです。

どんなに解説をじっくり読んでも、理解できない問題は存在します。

そういった問題に時間を使いすぎると、他の問題に手が回りません。

 

算数は時間が経過すると、ふとした瞬間に問題を理解できる時があります。

その時に解説で理解できなくても、受験間近に理解できることはよくあるのです。

ですので解説は、1回読んで理解できなくても心配する必要はありません。

 

また算数は、全て正解する方が難しい教科になります。

よほど頭が良くなければ、解けない問題というのも残念ながらあります。

どうしても理解できない問題は、捨てるのも一つの勇気になります。

 

そういった判断は、子供だけでは行えません。

子供があまりに問題に悩んでいたら、それは捨てるのをアドバイスしましょう。

時間が経つにつれて、正解できるようになることだってあります。

 

中学受験の算数では、解説は読むものではなく理解するものです。

1回2回読んで理解出来なければ、暫く時間をあけましょう。

もし2回読んでなんとなく理解できてきたら、もう少し読むと良いでしょう。

 

根気が必要な勉強法ですが、算数はどうじても時間と経験が必要になります。

逆に時間と経験を重ねるほど、算数の成績を上げることができるのです。

解説を上手に使って、中学受験の算数を攻略して下さい。