中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験は偏差値で倍率が変わる

スポンサーリンク

中学受験は、偏差値によって倍率はかなり変わってきます。

最近はどこも減少傾向と言われていますが、それでも倍率の高い中学は多いです。

志望校の偏差値によって、どのような倍率の違いがあるのでしょうか。

 

偏差値の高い中学の倍率

偏差値の高い中学は、基本的に倍率が高くなる傾向にあります。

中学受験でも、有名中学の倍率は大体2倍以上になっている傾向があります。

一般的に中学受験が難しいと思われる理由は、この難関中学の倍率にあります。

 

難関中学に合格できれば、中学受験では成功と言えるでしょう。

そのため第一志望でなくても、受験する家庭が実は結構多いです。

運よく合格できれば、ラッキー程度で受験する家庭もあります。

 

それが倍率を上げる理由の一つになります。

実際に偏差値60以上の中学で、偏差値60以下の子供も実は多いです。

そのため倍率が高いからといって、諦めずに受験する価値はあると言えます。

 

しかし合格した後を考えると、厳しい中学生活になる可能性もあります。

しっかりと考えて、中学受験の準備をしましょう。

 

偏差値が中堅中学の倍率

偏差値が50前後の中堅中学は、そこまで倍率は高くありません。

2倍になることはほどんどなく、上位中学に比べると合格しやすいと思えます。

しかし同じレベルの子供も多いので、一概に簡単とはいえないでしょう。

 

ですが上位中学に比べると、中堅中学はそこまで難易度は高くありません。

第2志望にしている家庭も多いですが、しっかり対策すれば合格できます。