中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の勉強に向かない子供の特徴

スポンサーリンク

中学受験の勉強に向く子供と向かない子供では、合格の差が非常に大きくなります。

中学受験に向かない子供は、現状のまま勉強しても合格は難しいでしょう。

子供の特徴を把握して、中学受験に対応できるようにするのは母親の仕事です。

簡単に変えられることではありませんが、克服すると将来的にも役立つ能力です。

中学受験の勉強に向かない子供の特徴

中学受験に向かない子供は、以下のような特徴があります。

この特徴に当てはまる場合、真剣に中学受験の勉強と向き合うことが重要です。

  • 競争心が弱い子供
  • 積極的に自分で考えない子供
  • 困難に立ち向かえない子供

 

競争心が弱い子供は中学受験に不利

世の中には競争心が強い子供と、弱い子供がいます。

競争心が強い子供ほど、中学受験に向いている性格と言えます。

逆に競争心が弱い子供は、何をやっても中途半端になる可能性があります。

 

一流のスポーツ選手を見るとわかりますが、競争心が非常に強いです。

一つ一つのプレーに、一喜一憂しているのがTVでわかります。

この強い闘争心が、人生の結果として出ているのです。

 

中学受験の勉強も同様で、ライバルに負けない強い精神が必要です。

相手に負けないという気持ちを持つことが、中学受験には必要なのです。

競争心を育てて、中学受験を乗り越えるように努力しましょう。

 

積極的に自分で考えない子供

子供のうちは、親の意見に同調して生活することが多いです。

中学受験を受ける子供の多くは、親が言ったから仕方なく勉強しています。

しかしこれでは中学受験を乗り切ることができません。

 

中学受験の問題は、自分で考える思考力が必要な問題も増えています。

言われるがままに勉強している子供では、とても太刀打ちできません。

自分で考えて解決する力を養わなければ、中学受験に勝つことができないのです。

 

困難に立ち向かえない子供

中学受験は、子供にとって大きな壁となる事は間違いないでしょう。

そういった困難と向き合えない子供は、中学受験の勉強も上手くやれません。

難しいことから逃げるだけでは、子供は成長しないのです。

 

頑張って努力した結果、間違うことは悪くはありません。

何も考えずに答えを見ることが、子供の成長に悪影響なのです。

子供には、しっかりと自分で考える癖をつけさせましょう。

 

中学受験は勉強の向き不向きが、合格への大きな要素となります。

自分の子供を観察して、中学受験に乗り切れるよう努力しましょう。