中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験で勉強に必要な集中力を上げてやる気を出す方法

スポンサーリンク

中学受験の勉強で重要な事は、やる気を出して勉強に集中することになります。

しかし小学生の年代だと、なかなか集中することができない場合が多いでしょう。

逆に集中することで、勉強の能率も上がり成績アップに繋がります。

勉強のゴールを決めることでやる気が出る

人間目標がないとやる気がでないように、ゴールを決めることで勉強に集中することができます。

今日の勉強はここまでと、範囲を決めることで子供のやる気を上げることができます。

これは時間制限ではなく、勉強範囲にすることで効果的です。

 

例えば5時間勉強という区切りにすると、時間の経過に気が行ってしまいます。

結果的に、最後の1時間しか集中出来なかったということもありえます。

勉強で重要なことは、時間ではなく質になるのです。

 

特に中学受験の勉強の場合、どうしても勉強時間を気にしてしまいます。

しかし8時間勉強したとして、実際に1時間して集中していなければ意味がありません。

目標を決めて、それに向かって勉強することでやる気を上げることができます。

 

勉強中に甘いものを食べてリフレッシュする

中学受験の問題のような、難しい勉強をすると脳がかなり疲れます。

算数の問題1問解くと、かなり疲れて集中力が切れてしまいます。

適度に甘いものを食べることで、脳をリフレッシュする効果があります。

 

脳をリフレッシュさせることで、勉強の集中力を上げる効果があります。

ただしタイミングに注意が必要で、短い間隔では意味がありません。

最低でも1時間以上の勉強をした後に、甘いものを食べてやる気を上げましょう。

 

中学受験の試験中は食事ができないので、回数を多くする癖などはつけないようにしましょう。

適度な休憩をとりつつ、甘いものを食べて脳をリフレッシュさせましょう。

思っている以上に、勉強が捗っていることがわかるはずです。

 

勉強で良い結果を出せたイメージを持たせる

勉強のやる気を出す方法として、良い結果を出せたというイメージを持つことが重要です。

あまりに解けないまま勉強を続けると、自分に自信がなくなってしまうからです。

時には簡単な問題も混ぜて、勉強で結果が出せたというイメージを持ちましょう。

 

中学受験の問題は難問が多いですが、基礎的な問題は比較的簡単に解くことができます。

そういった問題を1日1回は取り入れて、解けることをイメージさせましょう。

良いイメージを持つことで、勉強もかなり捗ります。