中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験で親は一緒に勉強するべきか

スポンサーリンク

中学受験の勉強で、親が一緒に勉強している家庭も実際にはあります。

集中力がない子供などは、親が一緒に勉強しないとやる気をなくしてしまうなどの理由からです。

この勉強法については、将来も考えて実践しないと大変なことになります。

中学受験で親が一緒に勉強するメリット

中学受験の勉強で、親が一緒に勉強するメリットは以下になります。

  • 子供の勉強の進捗を把握できる
  • 子供の勉強の監視ができる

 

中学受験の親の悩みとしては、子供の勉強の進捗具合があります。

自分の子供がどの程度勉強しているかを把握することは、決して簡単なことではありません。

子どもと一緒に勉強をすれば、どの程度勉強が捗っているかを理解できます。

 

また子供と一緒に勉強することで、勉強を監視することができます。

目を離しているとやる気を出さない子供には、勉強の監視は大きな効果を発揮します。

特に小学生だと集中力しない子供もいるので、そういった家庭には効果的でしょう。

 

中学受験で親が一緒に勉強するデメリット

中学受験で親が一緒に勉強するデメリットとしては、以下の要素が挙げられます。

  • 子供が自発的に勉強をしなくなる
  • 親も一緒にストレスを感じて勉強してしまう

 

中学受験で親が一緒に勉強するデメリットとしては、子供が将来的に勉強をしなくなる可能性があります。

親の監視がなければ、自発的に勉強しない子供になってしまうのです。

せっかく中学受験に合格しても、勉強を自発的にしなければ中学でついていけなくなってしまいます。

 

また中学受験を親が一緒に解くのは、非常に大きなストレスになります。

難問も多い中学受験は、大人でも解けない問題が非常に多いです。

子供に教えるつもりが、逆にストレスでイライラしてしまうこともあるのです。

 

中学受験は子供が自発的に勉強する環境にするべき

中学受験で親が一緒に勉強することは、メリットとデメリットがあります。

しかし将来的に考えると、子供が自発的に勉強する環境を作るべきでしょう。

今後長い教育の中で、親が一緒に勉強することはまずありません。

 

子供が自分から勉強しなければ、どこからで親を頼ってしまいます。

多少の手助けは良いでしょうが、ずっと一緒に勉強するのは中学受験ではお勧めできません。

自分から勉強する環境を作ることが、中学受験合格に繋がるのです。