中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の算数で図形が出来る子供の特徴

スポンサーリンク

中学受験の算数で、図形が得意な子供は稀にいます。

これは空間把握能力が非常に高く、全ての子供が持っているものではありません。

ある意味、天性の才能なので天才と言える部類の子供でしょう。

しかし図形の攻略は、こういった天才の考えを真似ることから始まります。

中学受験の算数の図形の考え方

図形が得意な子供は、図形を分解して考えています。

逆に図形が苦手な子供は、見たまま図形を考えてしまいます。

算数は1つずつ手順を踏む必要があり、図形も当然この考え方が必要です。

 

良く参考書などで、図形を広げて考える勉強法をとっています。

これは立体がどんな組み合わせでできているかを知るのに、非常に効率のよい勉強法と言えます。

図形が得意な子供は、この考えで図形問題を解くようにしています。

 

最初の頃は時間がかかりますが、徐々に問題を解くスピードが速くなります。

算数が得意な子供の特徴ですが、こういった地道な作業を最初の頃は確実に行うのです。

逆に算数が苦手な子供は、こういった作業の手間を省き失敗してしまいます。

 

算数の図形の勉強のポイント

算数の図形の勉強のポイントは、最初は図形を分解する癖をつけることです。

面倒な作業ですが、図形の形を頭で理解する勉強法では天才以外はできません。

地道に一つ一つ分解して組み合わせることで、確実に図形が解けるようになります。

 

算数はセンスといい、図形もそういった考えがありますが実際には違います。

算数が出来る子供は、最初の頃は色々な失敗をしています。

そういった地道な勉強が、中学受験算数の攻略に繋がるのです。

 

そういった意味で、算数の実力は簡単にはつきません。

日々の努力こそが、中学受験算数の攻略の近道になります。