中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の勉強の準備は塾だけで足りるのか

スポンサーリンク

中学受験の準備をしている時、塾だけで大丈夫かと不安になることが多いです。

実際に塾を掛け持ちする家庭も多く、それだけ中学受験が難しいことを意味します。

中学受験をする場合は、塾の他にも検討すべき勉強法はいくつかあります。

中学受験の勉強に通信教育を利用

ベネッセなどを中心とした通信教育は、使い方次第では非常に効果的な勉強法です。

毎日の勉強スケジュール管理もしっかりとしているので、勉強のサポートは万全です。

実際に通信教育で自分のペースで勉強をして、中学受験に合格できた子供も周りにはいました。

 

ただしこの勉強法は、全ての子供に効果が出るわけではありません。

塾などのように監視する人は親になるので、親の監視がしっかりしていないとサボる子供もいます。

自発的に勉強する子供向きなのが、通信教育の中学受験勉強法と言えるでしょう。

 

中学受験の勉強に個人指導塾を利用する

個別指導塾と名前が似ていますが、個人指導塾は個人が経営している学習塾です。

中学受験だけをターゲットにしている塾もあり、最近では利用している人も増えてきています。

この場合は個別指導塾と同じメリットがあり、勉強をマンツーマンでやりたい人に向いています。

 

ただし個人指導塾の場合、経営者の考えで運営をしているので注意が必要です。

個別指導のように運営会社があるわけではないので、本当に信頼できなければ通う意味がなくなります。

実績がある塾も多いですが、注意して検討するようにしましょう。

 

中学受験を独学で合格する

中学受験の独学は、正直なところ一昔まえの選択肢になります。

現代の複雑化している中学受験では、独学の勉強法では合格はかなり厳しいです。

それでも一部の家庭では、独学でも合格できています。

 

こういった家庭は、親が教師や教育熱心な場合が多い傾向にあります。

下準備をしっかりとして、万全の体勢で中学受験の勉強をしています。

ハードルは高いですが、独学の勉強でも中学受験に合格することは可能です。