中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験は英語も勉強した方がメリットが大きい

スポンサーリンク

中学受験で英語を取り入れている中学は、年々増えている傾向にあります。

しかしまだ全ての中学で、英語を試験科目としているわけではありません。

そのため中学受験で、英語を勉強していない家庭も多いのです。

ですが中学受験を決意したら、英語は必ず勉強した方が将来的にメリットが大きいです。

中学受験で英語を勉強すべき理由

中学受験で英語を勉強すべき理由は、中学入学後に英語でおいていかれないためです。

小学校でも英語の勉強はしていますが、正直まだ遊び程度という印象があります。

そのため中学入学と同時に、英語の勉強が難しくなり嫌いになる子供も多いです。

 

中学受験を意識している家庭であれば、中学入学後にライバルと差をつける意味でも英語は勉強しておくべきです。

中学の勉強で遅れをとる原因として、苦手な科目の点数が伸びないことがあります。

国語や算数は必至に勉強しても、英語ができないために全体的な成績が下がってしまうのです。

 

正直な話をすると、中学校で習う英語は他の教科に比べて簡単な傾向があります。

最初に躓かなければ、余程のことがない限りついていくことができます。

中学受験だけを念頭にして、英語の勉強をしないのは将来的に損をする可能性があります。

 

中学受験で英語を勉強する方法

中学受験対策で英語を指導している塾は多いですが、英会話には重点を置いていません。

小学生の頃であれば、学校英語よりも生の英会話を学んだ方が楽しく英語を勉強できます。

中学入試対策とは違いますが、英語に触れる機会を増やすと言う意味では英会話スクールは非常に良い選択です。

 

語学は若いうちに学んだ方が、確実に上達することができます。

しかし一般的に英語を聞き取れるようになるには、最低1000時間は必要と言われています。

週1回か2回の英会話スクールでは、10年以上かかる計算になります。

 

そう考えると、幼稚園の頃から英会話をしておいた方が有利ですね。

ただし中学受験を意識した英会話スクールの目的としては、英会話をマスターすることではありません。

もちろん英会話ができれば良いですが、英語アレルギーにならないことが第一目標です。

 

そのためには楽しく英会話ができる英会話スクールが、最も英語の成績を上げられる方法の一つでしょう。

ただテキストを読んだり、穴埋め問題をするよりも何倍も価値のある授業を受けられます。