中学受験で算数苦手を克服できる勉強の方法

スポンサードリンク

中学受験で算数が苦手な場合、試験までに克服しなければ合格に影響します。

確かに中学受験の算数は非常に難しいですが、決して解けない問題ばかりではありません。

中学受験の算数は、解ける問題を落とさないことが一つのポイントになります。

しかし算数が苦手な子供は、この落としてはいけない問題が解けないのです。

算数を克服することは容易ではありまえせんが、勉強の方法次第で中学受験の算数の成績を上げることは可能です。

中学受験の算数が苦手を克服するための準備

中学受験に限らず、算数が苦手な子供は考えることが苦手な傾向にあります。

算数の難しいところは、計算問題ができるだけでは成績を上げられないことです。

算数が苦手な子供は、文章や図形といった問題になると思考回路を停止することが多いです。

これは日本では低学年の算数を、単純な計算の暗記という授業で進めていることも問題です。

簡単だった計算だけの算数が、高学年になるにつれて文章や図形が加わるのです。

算数が苦手な子供は、ここでつまずいて克服できないまま苦手科目になってしまいます。

算数の苦手意識を克服するためには、算数の問題を解くための思考回路を身につけることが必要になります。

そのためには自分で考える力をつけることが、中学受験の算数克服の最も近道の勉強法になります。

中学受験算数の苦手意識を克服する勉強法

中学受験算数の苦手意識を克服するには、自分で論理的に考える訓練が必要になります。

論理的に考えるといっても難しいことではなく、物事を順序立てて考える勉強をするだけです。

算数が苦手な子供は、この勉強をするだけで苦手意識を克服することができます。

ただしこの勉強法は、1日2日で身につく簡単なものではありません。

何度も勉強を繰り返すことで、徐々に論理的思考を身に着けることができるのです。

そのため勉強時間もかかりますが、将来的にも役立つので実践しましょう。

算数の苦手意識を克服する勉強で利用したいのは、はしもと式「本当の算数」が身につく」問題集になります。

この教材のよいところは、ドリルなどの単純な繰り返しでは身につかない考える力が身につくことです。

算数が苦手な子供は、最初の頃はかなり悩んでしまうでしょう。

しかしその悩みながら考えることが、算数克服に必要な論理的思考を身につけられる方法なのです。

ただ暗記するだけの算数ではなく、本当の算数の実力が身につく非常によい参考書になります。

中学受験では、考える問題ばかりになっている傾向があります。

算数が苦手な子供は、この参考書で悩みながら実力をつけましょう。

徐々に算数が解ける脳になっていくと、中学受験以降でも数学に強くなれます。

はしもと式「本当の算数力」が身につく問題集[小学高学年版]

この参考書は非常に良いものですが、算数が苦手な子供は途中で投げ出す可能性もあります。

算数が苦手な子供は、もともと考えることが苦手な傾向にあります。

どんなに良い参考書でも、達成しなければ意味はありません。

一人では達成するのが難しければ、親も一緒になって勉強すると良いでしょう。

もし親が対応することが難しければ、家庭教師なども効果的です。

子供は一人では集中できないことでも、誰かと一緒なら集中することができます。

中学受験で算数の苦手意識を克服するためには、一人よりも誰かと一緒に勉強することも効果があります。

算数を楽しい教科と思えれば、苦手意識も克服できるようになります。

中学受験で算数の苦手意識を克服しないと将来も苦労する

中学受験で算数が重要なのは、試験科目になっているからだけではありません。

中学に入学すると、数学という一つ上のステップを勉強することになります。

小学校で算数が苦手な子供は、数学も苦手になることがほどんどです。

英語や社会などの暗記は得意でも、算数や数学のように考える教科が苦手な子供は非常に多いです。

これは考える訓練をしていない結果で、中学受験で算数を克服すると将来的に有利になります。

自分で考える能力を身につければ、算数でも数学でも苦手意識を克服することができます。

中学受験の算数は、年々その難易度が高くなってきています。

小学校の授業レベルができても、中学受験では対応できないことも多いです。

中学受験で算数がトラウマになり、苦手になる子供もかなりいます。

早い段階から算数の苦手意識を克服することが、将来的にも重要です。

世の中の参考書の多くは、問題と答えが書いてあるだけのものが多いです。

しかしこういった参考書では、算数が苦手な子供は絶対に克服できません。

算数を解くための考え方を身につけなければ、問題は解けるようにならないからです。

考える力を身につければ、苦手な算数の克服以外でも役に立つことが多いです。

文章力やコミュニケーション能力も向上するので、子供の将来の糧となるでしょう。

暗記中心の勉強法から、考える勉強法に変えることが中学受験算数の克服に最も効果的な勉強法になります。

中学受験の算数ではありませんが、考える力をつけるのに良いのでお勧めします。

子どものための論理トレーニング・プリント

成績を上げるおすすめのオンライン講座

中学受験は、塾や家庭教師を使って勉強している家庭がほとんどです。知らないことも多い中学受験は、受験のプロに頼ることも当然重要な選択肢になります。ただし注意してほしいことに、塾や家庭教師だけで満足しないことがあります。

偏差値が高い子供は、基本的に自発的に机に向かって勉強をします。塾や家庭教師以外の時間でも勉強しているので、勉強しない子供よりも成績を上げる土台ができているのです。逆に塾や家庭教師に満足して、自宅で勉強しない子供はなかなか偏差値があがりません。

中学受験などの受験勉強は、この家庭での学習時間が合否の分かれ目になると言ってよいでしょう。塾や家庭教師を使っているがなかなか偏差値が上がらないと思ったら、家庭できちんと学習しているかチェックしてみましょう。もしかしたら机に向ってはいるけれども、集中していない可能性もあります。

ここで怒鳴ったり、無理やり勉強させる親もいますが、全ての子供がこの方法で勉強するとは限りません。むしろ勉強が嫌いになるのが普通でしょう。子供の成績が伸びるのは、勉強を楽しいと思って自発的に勉強するようになってからです。

偏差値が高い子供のほとんどが、勉強が楽しくて自分からどんどん学びたいと言っています。これは良い教師や教材と出会っているケースが多く、逆に勉強が嫌いな子供はあまり良い環境にいないと言えるでしょう。

なかなか偏差値が上がらない子供は、一流講師の授業を一度受けてみて下さい。聞くだけでも勉強が楽しいと思えるようになり、自発的に勉強する手助けになってくれます。ですが普通は一流の講師なんて近くにいません。東京などの都会に行かなければ、昔は良い講師の授業など受けることはできませんでした。

ですが現在はインターネットが普及したので、そういった一流の講師授業もオンラインで受けることができるようになりました。PCやタブレットがあれば、受験のプロの授業を自宅で聞くことができるのです。Z会の通信教育やリクルートの勉強サプリは、中学受験に必要な基礎知識を身につけられる授業が取り揃っています。

特に勉強サプリは豪華な講師陣で話題となり、中学受験でも利用している家庭が増えています。その口コミから受験の必須教材とまで言われるようになりました。勉強嫌いの子供もやる気をだした!などの体験談も多く、中学受験で利用している人も増えています。

勉強サプリには基礎編と応用編があり、中学受験の基礎を身につける場合は基礎編から始めると良いでしょう。本格的に中学受験の勉強をする場合は、応用編を勉強すると偏差値アップにつなげることができます。中学受験の偏差値を上げるために、勉強サプリも塾や家庭教師と併用してください。