中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験の算数は考える勉強法で成績が上がる

スポンサーリンク

中学受験の算数は苦手な子供が多く、成績が伸びず悩んでいる家庭も多いです。

算数の成績を上げるためには、算数の勉強法を正しいやり方で行わなければいけません。

苦手な算数を克服できれば、中学受験ではライバルに差をつけることができます。

中学受験の算数は勉強時間を決めてはいけない

算数の勉強をする場合、1日2時間などの時間を決めて勉強している子供が多いです。

時間が限られている中学受験では、算数の勉強だけに時間をかけられないからでしょう。

しかしこの勉強法では、算数の根本を理解できないまま次の単元に進んでしまう可能性があります。

 

算数の勉強は、時間で行うのではなく習得度で行うことが重要です。

理解していないのに、どんどん次の単元に進むのは算数苦手を加速させてしまいます。

特に中学受験の算数では、理解しないで時間だけ使う勉強をしている家庭が多いです。

 

中学受験の算数は、一つの問題を解くのにも時間がかかります。

実際の受験では時間制限がありますが、自宅などでの勉強では制限はありません。

一つの問題を解く場合、じっくりと時間をかけて算数を勉強することで次のステップに繋がります。

 

中学受験の算数の勉強法は考える時間が重要になる

中学受験の算数の勉強で重要な事は、解答を考える力をつけることになります。

単純な暗記だけでは、中学受験の算数を乗り切ることができません。

ですが算数が苦手な子供は、考えることをしないので成績が上がらないのです。

 

算数の問題を解くとき、すぐに解答が思いつく子供は天才でしょう。

しかし多くの子供は、すぐに解答が閃くことはありません。

じっくりと考えて、それでも答えに辿りつかない可能性も高いです。

 

算数の苦手を克服するためには、答えに辿りつくまでのステップを考える力が必要になります。

中学受験で算数の時間を決めて学習すると、時間に追われてこの重要な手順をしなくなる子供がいます。

そのため見た瞬間に答えが浮かばないと、問題を解くことを止めてしまうのです。

 

本来、算数の実力を付けるには考えることが重要になります。

考えることで、子供の脳は徐々に算数に対して問題を解く手順を理解していくからです。

しかし中学受験の勉強などで、この大事な考える勉強をしない家庭が多いです。

 

例え答えに辿りつかなくても、この考える勉強法をすることで算数の実力は徐々に上がっていきます。

算数が苦手な子供は、まずじっくりと時間を使い考える訓練をしましょう

この勉強法を放棄すると、将来的にも数学が苦手になってしまいます。

 

中学受験の算数で考える勉強の効果が出るまでの期間

中学受験合格という目標がある場合、算数の勉強でも早めに結果を出したいのは当然です。

しかし算数は、なかなか結果がでない科目の一つと言えます。

残念ながら考える勉強をしたからと言って、1日2日で算数の成績が上がることはありません

 

ですが算数の成績を上げるためには、時間をかけて考える訓練をすることを推奨しています。

この勉強法をすることで、算数の解き方が徐々に身についていくからです。

最初は時間がかかる勉強法ですが、子供の思考はどんどん成長していきます。

半年ほど経過するころには、算数に対して苦手意識もなくなっていきいます。

 

中学受験の算数勉強の注意点

中学受験の算数勉強で注意することは、絶対に子供を焦らせないことです。

焦って問題を解こうとすると、ミスを誘発したり思考を停止してしまうからです。

算数は考えることを最も必要とする教科の一つです。

 

自分で考え問題を一つ一つ解くことが、算数の成績を上げる唯一の方法なのです。

もし子供の集中力が切れるようならば、最初の頃は一緒に算数を解いてみましょう。

ただし答えを教えるのではなく、答えを導くヒントを出しながら勉強しましょう。

 

算数は考えることを止めた時点で、成績を上げることができなくなります。

暗記や解けないのに新しい単元をすることは、算数の実力を停滞させる原因になります。

考える勉強を続けることで、算数は問題を解くスピードが上がってきます