中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

小学4年生の算数は計算力を疎かにしてはいけない

スポンサーリンク

小学4年生の算数は、計算問題以外にも文章問題や図形が難しくなります。

中学受験を意識すると、小学4年生の算数は難しい問題を解けることが重要と感じます。

しかし小学4年生の時期には、計算問題もしっかりと落とさない事が重要です。

小学4年生の算数で計算が重要な理由

小学4年生に限らず、計算問題を落とさないことは中学受験では重要です。

なぜなら計算問題は算数の中で、落ち着いて解けば確実に点数になる単元だからです。

1点2点を争う中学受験では、誰でも解ける算数の計算問題を落とさないこともポイントになります。

 

どんなに難しい問題が解けても、計算問題でミスをすると算数の点数は伸びません。

計算ミスをする子供は、学年が上がってもその癖はなかなか直りません。

算数は小学4年生から難しくなりますが、計算問題だけは絶対に解けるようにしましょう。

 

小学4年生の算数で計算をミスしない勉強法

小学4年生の算数で、計算ミスをする子供は勉強法に問題があります。

計算ミスをする子供の多くは、落ち着いて勉強に集中していない傾向があるのです。

落ち着きのない子供は、算数に限らず他の教科でもケアレスミスをします

 

計算ミスを防ぐためには、必ず2回問題を解く癖をつけましょう。

人間だれでも間違いはありますが、ミスが少ない子供は自分の間違いに気づきます。

その最も効果的な算数の勉強方法は、2回計算問題を解くことなのです。

 

1回では気づかない計算ミスも、2回行うことでミスを減らせます。

算数では、計算問題に時間を使わない子供が多いです。

それは、他の難しい問題に時間を使おうという理由もあります。

 

しかしもう一度確認すれば当っていたとわかると、これ以上に悔しいことはありません。

特に中学受験では、終わってから後悔する問題もかなりあります。

高学年になるにつれて余裕がなくなるので、小学4年生の内に算数は確認する癖をつけましょう

 

小学4年生の算数で計算ができる子供は成績が良い

小学4年生の算数は、今までと違い難しい文章や図形が出題されるようになります。

こういった問題は計算と関係ないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

計算問題は、算数の根本である論理的な思考回路が必要になります。

 

きちんと手順を踏んで、一つ一つ丁寧に作業すれば計算は間違いません。

この手順は、文章問題でも図形でも同じ作業になります。

小学4年生の算数では、数字から文字や図形に変わるので驚いてしまいます。

 

しかし問題を解くステップは、決して計算問題と違うわけではありません。

この論理的に解くということができれば、小学4年生の算数を攻略できます

そのためにも、計算問題をしっかりと解く癖を付けましょう。

 

この算数の勉強法をしっかりと行うことで、高学年になっても算数を苦手に感じなくなります。

小学4年生の算数の計算は、根本となる基礎を固めるために重要になるのです。