中学受験で偏差値を上げる勉強法

中学受験の勉強法、悩み、塾選びなどをサポート

中学受験はいつから開始するべきなのか

スポンサーリンク

中学受験の開始って、早い子供だと小学1年生頃から始めているようです。

早いに越したことはないでしょうが、小学1年から始めたからといって必ず合格するわけではありません。

一般的には小学4年と言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

中学受験はいつから開始しても良い

中学受験を開始する明確な時期はなく、決意したらすぐに開始すべきです。

最初から中学受験を目指している家庭は、早いという特徴があります。

ですが一般的には小学4年か5年から、中学受験を準備していることが多いです。

 

実際には中学受験で難関中学を目標としているなら、最低でも小学3年生くらいから始めるべきです。

3年生頃から、授業も難しくなり勉強に差ができはじめる時期だからです。

しかし中学受験の場合、学校の授業についていけるだけでは合格することができません

 

しっかりと中学受験の対策を、早い時期からしている子供ほど有利になるのです。

現在の中学入試問題は、かなり難しく大人でも解けない問題が多いです

正直これを小学生が解けるのかと思う問題も多いです。

 

そう考えると、早い時期から中学受験対策をするのが重要です。

年々中学受験の準備が早くなる傾向にあるので、できるだけ早い段階から準備すると有利でしょう。

入念に準備することに、越したことはないでしょう。

 

中学受験を決意する経緯

中学受験は、絶対に通過しなければならない儀式ではありません。

むしろ中学受験を経験しない子供も多いので、無理して受験する必要はないと思います。

しかし中学受験は、その後のメリットを考えると親としては受験させたくなるのです。

 

中高一貫校などで成長すれば、将来の大学や就職で有利になる可能性が高くなります。

難関中学などに合格できれば、エリートコースも歩めますしね。

ただしエリートコースに通っても、その後の人生は子ども次第ですが。

 

中学受験を決意するのは、親の場合が一般的です。

子供が周りの環境に感化されることもありますが、そう多いケースではないでしょう。

そのため中学受験をする場合は、しっかりと話し合いをすることが重要です。

 

思いつきで始めるのではなく、しっかりと計画することが中学受験では重要になります。

いつから始めるのではなく、合格に向けてしっかりと準備することが重要です。